人気ブログランキング |

酒飲みパンダの貧乏旅行記 第二章

wisata2.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 04日

バリ島4日目✩パダンバイからヌサレンバンガン島へ

059.gif旅行期間 2018.12.1~2018.12.6

★2018.12.4(火)

a0351038_21371553.jpg
朝ご飯。
つか、オムレツ!!
昔、バリでオムレツと言えば薄焼き卵を出されたもんだが
今ではちゃんとオムレツの形をした物を出す様になったんだ~
と、関心しかり。

さて、この日はヌサレンボンガン島に行く日。
実は初上陸なのだ!
海が綺麗そうだし、楽しみ~~~
つか、昨日のPeramaのおっちゃんは本当に手配してくれたのだろうか。

8時20分、ちゃんとピックアップが来ましたよ。
しかも、かなり綺麗なエアコンが効いたプライベートカーでのピックアップっす。
これで港のあるサヌールまで行けるならチトぼられた感があった値段も納得。

と、思ったのだが途中で大通りから外れて道を曲がった。
まぁ~こういった個人的なピックアップの時は「ついで」が付き物。
きっとサヌールまでの道すがらで何か受け取るか何か渡すか・・・
運ちゃんの個人的な用事を済ませるのだろう。

と、思っていたのだがパダンバイを出発して30分足らずで港らしき場所に到着。
ん?
どうやらここからヌサレンボンガン行きのボートが出てるらしい。
地図で見るとクサンバ辺りだった。
あの塩で有名なクサンバね。

運ちゃんがチケット窓口に連れて行き二人でRp300000払えと言う。
昨日デポジットで半額のRp300000払ったので残り半額ね。
でも、私はそこで正規のボートの値段を見てしまった。
片道一人Rp150000
つまり、二倍の値段をふっかけられたって事ね。
やっぱりぼったくっていましたね。笑
もうこの時点ではぼったくりに関して麻痺してたとゆ~か
ぼらない訳がないよねーと、ある意味納得してたので腹も立たず。

a0351038_21442741.jpg
周りはローカルばかりのこじんまりした港。

a0351038_21455059.jpg
こんなボーディングパスが渡された。

a0351038_21522532.jpg
せっかく島に行くのに怪しい雲行き・・・

a0351038_22035704.jpg
こんな感じで海に入水しながらボートに乗り込みます。

a0351038_22120068.jpg
はしゃいで一番前に座っているのは我々だけ。笑
ローカル(我々以外の全ての乗客)は後ろの方。

a0351038_22130140.jpg
怪しい天気の中、ボートは島に向かって進んでいった。
揺れは多少・・・
気持ち悪くなるほどではなかったかな。

9時に出発して30分後の9時半にヌサレンボンガン島到着!

a0351038_22141851.jpg
a0351038_22160148.jpg
天気はイマイチだけど海は綺麗!

a0351038_22170649.jpg
a0351038_22181695.jpg
a0351038_22192822.jpg
なにかセレモニーがあった模様。
バリ島!って感じの光景っすね。

レート悪そうだったけど散々ボラれて所持金がなくなってしまったので
島で両替するハメに・・・
10000円がRp1140000となりました。

a0351038_22214252.jpg
a0351038_22233536.jpg
a0351038_22245272.jpg
a0351038_22301185.jpg
いや~それにしても海が本当に綺麗!
パダンバイに行かずにここだけにすれば良かったかなー


# by panda_traveler2 | 2019-07-04 06:05 | 2018.12.1~バリ島 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 02日

バリ島3日目✩パダンバイで最後の宴

059.gif旅行期間 2018.12.1~2018.12.6

★2018.12.3(月)

a0351038_21013970.jpg
朝ご飯。
種類はあんまり無い。
ナシゴレンとコロッケくらい。
エッグスタンドがあったのが救い。

午前中はプールで過ごす。
ダイビングの研修を受けてる白人の邪魔にならない様に。

昼になってランチ探しの旅に。
ついでにPeramaで翌日のヌサレンボンガン島行きのチケットを購入しようとしてた。
が、以前のPeramaのオフィスはもぬけの殻。
たまたま近くに居たローカルのオトンがオフィスが2キロほど先に移転したと聞く。
2キロも歩くのか・・・
と、歩くかどうか考えてた時!
たまたまPeramaの運転手のおっちゃんが通りかかった。
そこで直接交渉。
一人片道Rp300000と言われる。
事前調査の値段より高い。
でも、宿までのピックアップもあるって言うし面倒くさいのでお願いすることに。
持参のメモ帳にサインをもらってデポジットとして半額のRp300000(ふたり分)を払う。
本当にこんな口約束みたいなんで大丈夫だろうか。
おっちゃんがPeramaのポロシャツを着てたので間違いなくスタッフだと思うが
メモ帳にサインを貰ったとは言えここはバリ島。
不安で一杯・・・
でも、まぁ~信じるしかないか・・・

帰り道、屋台でぼったくり価格で色々と買って宿に帰還。

a0351038_21094672.jpg
サテバビ5本Rp10000
ティパットRp10000
(最初はRp20000と言われたが「高い!」と文句言って値下げしてもらった)
ナシクニン?黄色いご飯Rp10000
サテとティパットは3倍くらいのぼったくりかな。
黄色いご飯は10倍くらいぼってる。
サテバビは美味しかった。
バリ島ってレストランより屋台の方が数倍美味しいんだよね。
あとは、これらをツーリストにもぼらずに売ってくれれば・・・
タイやマレーシアの屋台は今ではほぼ値段を記載してるのに。

a0351038_21035111.jpg
a0351038_21051688.jpg
宿に併設されてるレストランはピザが売りの様だ。
一丁前なピザ釜があった。
でも、ツーリストがほぼ居ないので釜が活躍する場面に遭遇出来ず。

a0351038_21063982.jpg
a0351038_21080342.jpg
宿に敷地は広くて居心地いい共有スペースもある。
でも、総じてこの宿はコスパ良くない。

ランチの後もプールでちゃぷちゃぷ。

さて、パダンバイ2日目の夜宴。
Segara以外の店に行ってみることに。
隣の海沿いにテーブルを出してるレストランがあったので今宵はそこで。

a0351038_21225469.jpg
雰囲気は悪くない感じ。
が!
このビールがマズかった!!
恐らく間違って前に開けたものを出されたっぽい。
下手すれば前日かも。
炭酸が抜けたクソまずいビール。
そんなのを平気で客に出すのがインドネシアクオリティだったりする。
さすがに二本目を頼むときは「新しいのを開けて!」と文句言ったが。

a0351038_21112873.jpg
昨日に引き続きイカのグリル。
昨日のSegaraより美味しかったけど、あくまで「昨日より」であって
特段美味しくはなかった。

a0351038_21124518.jpg
イカのグリルに付いてた付け合せ?のピクルスみたいなやつ。
これは美味しかった。
何ならイカいらんからこれだけ頼みたいくらいだった。

a0351038_21244747.jpg
空芯菜炒め。
N様がこれを見てゲンナリしてた。
「こんな汁っぽいのじゃなくて『炒めた!』ってのが食べたいのに」と。

a0351038_21354058.jpg
つまみになるかと持ってミーゴレンも注文。
インドネシアの麺はレストランで頼んでもほぼ100%でインスタント麺。
これって前から「んーーー」って思ってたんだよね。
レストランでインスタント麺を出されてお金を払う気にならないんだよねぇ。

値段は記録してなかった。
味はどれもこれもイマイチ。
つか、昔からバリ島の食事ってあんまり美味しくないって思ってたけど
今回もやっぱり「美味しくないなー」と思った。
今のところ昨日の夜のサテとマルタバが再び食べたいレベルかな。


# by panda_traveler2 | 2019-07-02 05:32 | 2018.12.1~バリ島 | Trackback | Comments(2)
2019年 06月 30日

バリ島2日目✩パダンバイの夜

059.gif旅行期間 2018.12.1~2018.12.6

★2018.12.2(日)

以前にパダンバイに来たのは2016年7月・・・
2年半前か。
そん時も思ったのだが、パダンバイは私が長期で滞在してた頃からみると
はるかに「寂れ感」が増し増しになってる様に感じた。
ギリ島に渡る一見さんの白人すらほぼ見かけない。
私の様にパダンバイにハマって長期滞在してる変わり者?の白人も居ないっぽい。
とにかく「人が居ない」のだ。
人がわんさか居るのも嫌だけど、居なさ過ぎるのも・・・

a0351038_20505613.jpg
a0351038_20552427.jpg
懐かしい。
このボートだらけのビーチで毎日泳いでたっけ。

a0351038_20562784.jpg
ほぼツーリストを見ないまま夕方を迎えた。
宴に行くか。

a0351038_20573715.jpg
パダンバイの私の行きつけといえば「Depot Segara」
ビンタンビールで( ^^)/▽▽\(^^ ) Rp35000
客は勿論誰も居ない。
昔は毎日の様に満席で私も時々メニューを持っていったりしてお手伝いしたっけ。
スタッフの男の子に「イカは新しい?」と聞くと「新しいよ」と言うので注文。

a0351038_20590391.jpg
本当に新しい??Rp55000
つか、前までは大きな柔らかいイカを一枚焼いてくれて
あたりめみたいに切ってあって食べやすい上に美味しかったのに
今回は小さいのがチョロンと・・・
ポテトフライも昔は本当のジャガイモを切って素揚げしたもので
それが凄く美味しかったのに今では冷凍のやつ。
勿論おいしくない。
付け合せの野菜炒めだけは辛うじてあの頃の美味しさを保ってた。

a0351038_21001751.jpg
フーユンハイも頼んでみました。Rp35000
これは変わらずの味わい。
特段美味しいって訳でもないけどつまみになるので。

前の様に客で溢れかえってて音楽が流れてて
ポツポツとローカルがアラックを買いに来て・・・
みたいな賑わいは皆無でスタッフも居ない我々二人だけの静かな店内。
店の前を30分にひと組くらいの確率で通り過ぎるツーリストを見て
とりあえず他に人は居るんだな、と確信して少しホッとする。

久々にアラックを飲もうとスタッフに聞くと2Lのペットが一本Rp200000と言う。
日本円にして1900円ほどね。
完璧なぼったくり価格。
昔は500mlのペットに半分でRp10000くらいで売ってくれた。
ローカルの二倍の値段ではあったが安くはしてくれてた。
そこから想定すると2LペットだとせいぜいRp50000くらいなもんだが。
お願いしたのがSegaraの人(家族)ではなく雇われスタッフの男の子。
差額を自分の懐に収めようって魂胆なんだろうな。
もはや今回は「ぼられて当たり前」と思って滞在しようと決めてたので
Rp200000で購入。
せっかくの旅でいちいちイライラしたくないもんね。
私にアラックを高額で売りつけた事が店の人にバレないように
会計の紙には書かずに別途お金を手渡しする様に言われた。
やれやれ・・・

「今日は20時に店じまいなので」と言われて早々に追い出される。
ま、あの静かで寂しい雰囲気の中では酒も進まなかったし、別にいっかーって。
勿論、我々は飲み足りないので二次会のアテを求めて港へ。
港の前では夜に屋台などが出てる。

ここでマルタバを購入。
驚いた事にちゃんと値段が記載されてた。
ビアサ(普通)でRp13000

サテも購入。
アヤム(鶏)10本Rp10000
カンビン(羊)10本Rp15000
サテ屋は値段が出てなかったが実際にはぼったくり無し!
ぼったくり「無し!!」ですよ!
これは本当に凄いこと!
おまけに、この屋台のサテはめちゃくちゃ美味しいんだよね~
これらのアテで宿の前のガゼボで二次会いたしました。
マジでサテが美味しかった。


# by panda_traveler2 | 2019-06-30 16:24 | 2018.12.1~バリ島 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 19日

Peramaシャトルでクタからパダンバイへ・・・

059.gif旅行期間 2018.12.1~2018.12.6

★2018.12.2(日)

エアコン無しでファンだけで眠れるかな?と思ったけど意外にイケた。

a0351038_20314500.jpg
宿のプール。
安宿なのにプールあるのは珍しい。
あの住み着いてると思われるローカルの若者軍団が居なければのんびり過ごせそうなのだが。
ま、今回は「寝るだけ」と割り切って
大好きなワルンインドネシアの近くって条件で取った宿なのでプールはどうでもいいのだが。

8時にチェックアウト。
シャトルバスのPeramaに行く道中で朝ご飯を食べようと歩いていたら
すぐにばぁさんがティパットを振舞ってる小さい商店が見つかった。

a0351038_20330716.jpg
美味しそう~
だけど、やはり値段を聞いたらぼったくり満載のRp12000
気の良さそうなおばぁさんでももれなくぼったくる。
ちなみに、同じものをローカルが頼むとRp4000~5000くらい。
味は美味しかったですよ。
冷蔵庫から紙パックの小さいミロと共に頂きました。
ちなみに、ミロはRp8000
これも相当なぼったくり!笑
ここからぼったくりカウントしていこうかな。
これは「ぼったくり①」に認定。
場所は宿を出て右に行ってすぐ右手。
マキシホテルのちょうど裏手。

a0351038_20343289.jpg
まだ少し時間があったのでスイカジュースを。Rp10000
今時フレッシュフルーツジュースがRp10000とは良心的な気がする。
このくらいの店だとRp15000くらいな。


ミニマートで水のペット500mlを買ってPeramaへ。
10時に出発。
その昔、クタからパダンバイに行くにはサヌール→ウブド→パダンバイだった。
それが2年前だっけな?
以前に来た時はウブド経由ではなく、凄く早く着いた。
って事は、今回も・・・
と思ってたけど、残念ながらウブド経由だった。
35分ほど待ち時間があった。
11時40分、ようやくウブド出発。
1時間後の12時40分、パダンバイ到着。

・・・誰も居ない。
私がパダンバイによく通ってた頃はPeramaのシャトルが到着したら
色んな宿の客引きがたくさん居たもんだが、今では全く居ない。
先のブログでも少し言ってたかもだが、やはりバリは観光客が減ってるのかもしれん。

a0351038_20354642.jpg
昔よく通ってた港近くのワルンでナシチャンプルの昼食。
アイスティとセットでRp20000
「ぼったくり②」ですね。
ローカルだとせいぜいRp8000くらい。


さて、パダンバイでのお宿は「Padangbai Beah Resort」
プールのあるホテルって事で選んだ。
1泊6000円くらいだったけど、はっきり言って値段に見合ってないっす!
この場所でこの古さであの朝食でそれは高すぎる!って感じ。

a0351038_10133146.jpg
お部屋はこんな感じで一見綺麗そうなんだけどエアコンはあんま効かない上に
水漏れしておりました。
私のベッドがびしょ濡れに・・・
水回りは最悪で、洗面の水はけが恐ろしく悪い。
いや、悪いなんてもんじゃない!
手を洗った程度でボウルに水が溜まって何分も流れない。
外で小枝を拾って排水口に差し込んでつついてみたりしたけど全然ダメ!
洗濯で死にそうになった。

a0351038_20482118.jpg
a0351038_20494122.jpg
プールは小さい上にダイビング講習用と兼ねられてるので余計狭い。
ま、水に浸かってちゃぷちゃぷするだけなら・・・

総合的に、この宿はオススメ出来ないっすね。
1泊2000円ならアリかな、レベル。


# by panda_traveler2 | 2019-06-19 10:22 | 2018.12.1~バリ島 | Trackback | Comments(2)
2019年 06月 16日

久々にバリ島に行きました!初日の宴は「Warung Indonesia」で

059.gif旅行期間 2018.12.1~2018.12.6

★2018.12.1(土)

今はもう無き、エアアジアの成田⇔デンパサールの直行便・・・
一年くらい前のセールで往復20000円ほどだったので
こんなに安いなら一度くらいはこの便で行ってみてもいいかも、、、
な~んて思って取ったチケットで久しぶりにバリ島に行ってきました。

成田でのチェックインカウンターは何とタイエアアジアと同じだった。
確か、前はカウンターが別だったはず。
間違ってバリ行きの人が並んでて、待つだけ待ってようやくカウンターに着いたら
「インドネシアエアアジアはカウンターが違う」
とか言われてるのをよく見かけたし。
今思えば、この時には廃線が決まってたからカウンターも撤廃して
タイエアアジアで間借りしてたのかも。

そんなこんなで11時くらいに成田を出発。
びっくりしたのが、機内がガラガラだった事!
恐らく1/3も乗ってなかったのでは・・・
そのお陰で3シート使ってゆっくり出来たけど。
前にバリに行った時も思ったけど、ツーリストが減ってるのかも。
少なくとも私は前まではあんなに行ってたけど今は行かなくなったし。

18時頃にングラライ空港に到着。
イミグレも空いてた。

さて、今回の初日の宿泊エリアはクタ。
調べたところ、今では空港から市街地へ向かうバスが出来たらしいじゃないか!
と、ルートを調べるも使えねー(゚Д゚)
さすがバリ島。
そう簡単にはツーリストに甘くしないよ!って事っすかね。
空港からのタクシーは何年も前に通ってた頃から更にぼったくりパワーアップの様で
絶対に乗るまい!と決めてた。
空港からクタまでメータータクシーだと500円弱くらいなのに
空港で待機してるタクシーに乗ると3倍?4倍?
いや、それではきかないくらい高いのかね。
色々調べて空港の外に出てメータータクシーを掴まえる事にした。
空港でのしつこいタクシーの呼び込みをうんざりするくらい断って
調べた通りに空港の外に出ようと目論んでみたのだが・・・
さすがバリ島!なのか?
まるで迷路の様になってて全く空港の外に出れやしない!笑
厳密に言うと出れるんだけど結局は戻ってるって感じね。
雨も降ってて最悪のコンディションの中、ぐるぐる回るハメに・・・
それもこれも、空港タクシーがもっと常識範囲内の料金設定をしてないせい!ヽ(`Д´)ノ
で、19時過ぎに空港からの出口?みたいな所にやっと着いて
空車のブルーバードを捕まえて「メーター使って!」でOKもらって乗り込んだ。
疲れた・・・
クタのベモコーナーまでRp37500
端数切ってRp40000渡したけど「Rp50000よこせ!」とか横暴な事も言われず。
ほっ・・・
いちいちこんな事で精神的に疲れる(; ̄д ̄)

ベモコーナーから宿に向かいながら歩いてて両替商に立ち寄り。
確か、この辺りにぼったくらない系の両替があったはず・・・と
記憶を頼りにそれっぽい両替商に入ったのだが
それが大間違い!
店内はカウンターのみで何もなく、若いあんちゃんが一人で対応。
お金を出して渡すと
お金を見ながらあんちゃんが印刷されてる番号を指差して何やら言い出した。
あ!これ、ヤバイ系だ!ってすぐに気付いた。
渡した一万円札を取り返して店を飛び出した。
とりあえず被害はなかったものの
ここはバリ島なんだから両替も大変なんだったー!と思い出す。
いちいち疲れる。
結局は翌日のパダンバイ行きのシャトルを予約するのに立ち寄ったPeramaで両替。
ここは安心できるのを思い出した。笑
10000円→Rp1240000となりました。
クタからパダンバイまでのシャトルはRp75000

とりあえず両替も済ませ、翌日のシャトルも予約したので宿に向かいました。
今回のお宿は「Ronta Bungalows」


決めては立地と値段のみ!
とりあえずエアコン無しでもいいから安くて便利な場所で探した結果。

a0351038_20220342.jpg
お部屋はこんな感じ。
バリの500円程度の基本的なロスメン。
たまたまかもしれないけど、でも、見た感じたまたまでも無さそうだけど
ローカルの若者が住み着いてる?みたいで夜中までうるさい上にプール占領してて
セキュリティ的な面でオススメ出来ないかも。
何か無くなる臭いがプンプン・・・

さてさて、初日の宴に出かけますかね。
クタに宿を取ったのは勿論!
お気に入りの「Warung Indonesia」があるから!(*≧∀≦*)
このワルンは本当に秀逸!
夜はおかずの種類が少なくなってるけど、それでもビールのアテには十分!

a0351038_20244158.jpg
まずはビールで( ^^)/▽▽\(^^ )
久々のビンタンビールですね。

a0351038_20261586.jpg
こんな感じでアテをチョイス!
手前は大好きなじゃがいものピリ辛炒め。
これでRp20000って本当にありがたい。
そんでもって、どれも美味しい!

a0351038_20273239.jpg
ビールすすみましたよ!笑
お会計は、N様のナシチャンがRp21000で合計Rp239000だったので
ビールが1本あたりRp33000だったらしい。
これでも多分、良心的な値段なはず。
ってこたぁ~今では大瓶1本Rp40000くらいがベースなのかな。
初めてバリに来た頃はRp18000だったのがRp25000となり・・・
今ではこれか・・・
値上げ、すごいね。

a0351038_20282530.jpg
a0351038_20302085.jpg

ビールも飲める、夜もやってるナシチャンプル屋って本当に貴重!
そんでもって値段も良心的だし美味しいし・・・
さすが、オーナーの奥様が日本人なだけある。
こういった食堂がタイにもあればなぁ・・・


# by panda_traveler2 | 2019-06-16 12:37 | 2018.12.1~バリ島 | Trackback | Comments(4)