酒飲みパンダの貧乏旅行記 第二章

wisata2.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 13日

KL着!今回のお宿はチャイナタウンの「LANTERN HOTEL」

059.gif旅行期間 2017.12.24~2018.1.4

★2018.1.3(水)

16時40分KLIA2着。
最後までタイで過ごせないのは淋しいがマレーシアも嫌いではないので
チョイと立ち寄りするのも悪くない。
しかし・・・
入国審査が凄い行列。
これは1時間くらい掛かりそうだ。
前までは結構サクッと抜けられた気がするのだが、年始だから?
並んでる途中、案の定キムチだか餃子だかの女が
シレーっと縄をくぐって割り込みしようとしてきた。
出た、出た!
そこはすかさず後ろに並んでた白人ファミリーのオトンが
「Get Out!」と一喝してくれて追い払ってくれた。
マナーも守れないなら旅とかしないでくれ!
で、私の前に並んでたのは日本人の若い女の子三人組。
やっぱ三人居ると一人はイキった子ってゆ~か知ったか仕切りたがりって居るね。
一番派手目な子がそうだったわ。
ぺちゃくちゃ喋りながら並んでたんだけど、喋ってるのは別に構わんのよ。
三人中、二人が審査に進んで最後のメガネの地味目な子が残ってた時のこと。
一番端の審査ブースが空いて審査官がメガネを呼んでるのよ。
(一つの列に4つくらいの審査ブースがあった)
でもスマホ見てて全然気づかないわけ。
後ろの方からメガネに「早く行けよ!」みたいな言葉が飛び交ってきて
さすがに私が後ろから肩を叩いて端の審査ブースを指さしたんだけど
「え?なにー?なんなのー?分かんないんだけどー」とか言いやがって。
ったく・・・
もうコイツ追い抜いて私が空いてるブースに行ってやろうかと思ったんだけど
審査官が何度も呼んでやっと気付いて行きやがった。
友達が居ないと一人じゃ何にも出来ないタイプの典型だな。
やれやれ┐(´д`)┌
ちなみに、この三人組は審査後に私が乗ってたエスカレーターに乗ってきて
横から凄い勢いで追い抜き様に思いっきりぶつかってきて謝罪無し。
乗り遅れればいいのに・・・と思ったのは言うまでもない。

さて、ここからはバスに乗ってチャイナタウンに移動っす。
入国審査に時間が掛かって18時発のバスに乗ることに。
プドゥラヤ(チャイナタウン)までRm12
19時過ぎにチャイナタウン着。
この空港からチャイナタウンのバスは毎回の様に降車場と乗車場が違う。
前回は大通りで止まって降りたけど今回はビルの地下の駐車場で止まった。
どこだよ、ここ・・・
と、表に出ると何となく分かった。
ここは前回、チャイナタウンから空港までバスに乗ろうとして連れてこられた所だ。


↑その時の記事がコチラ

果たして、今は空港から来るバスもここに止まるのは分かったが
空港行きもここなのか?
はたまた、空港行きは前みたいに通り沿いなのか?

さて、今回のホテルは「LANTERN HOTEL」とゆ~とこ。


立地はペタリンストリート沿いで、お気に入り屋台と目と鼻の先!
寝るだけなので安いホテルで良かったのだが、去年のアゴダでのホテルトラブルのお陰?で
ギフト券が何ドルか分あったので、それを全部使って手出し500円くらいで予約。
口コミでチト水回りがかび臭い・・・みたいのがあったのでワングレード上げたのだが。

a0351038_13345013.jpg
ホテルの入口はここ。
ペタリン通りに面してるけど屋台に埋もれてる。

a0351038_13412848.jpg
壁に看板も出とる。

しっかし・・・入口のドアが開かなくて困った。
近くで麺を食べてたローカルカップルに「どうすれば開く?」と聞いたけど分からんと。
ま、泊まる事はないだろうから分からんだろうな。
何度もドアを押したり引いたり・・・
その様子を尋ねたカップルも大丈夫かいな?みたい感じで見てる。
すると、急にドアが開いた。
観音開きのドアだったのだが、どうやら片方はロックしてたっぽい。
そのロックしてる側をずっと押したり引いたりしてたって訳。笑
どう見ても私が押したり引いたりしてた方がメインっぽかったんだが。
カップルと目を見合わせて苦笑いだったわ。

フロントは階段昇って二階だったかな。
若い女の子が対応してくれた。
日本好きらしくて「この前も日本人が泊まったのよ~」みたいな事を言ってた。
タバコはフロント奥のレストランから外に出たルーフバルコニーで可能。
でも灰皿は無い。
フロント階からはエレベーターがあって、階段室の一角にあるのだが
各階の廊下と階段&エレベーターはドアで仕切られてて鍵をかざさないと開かない仕組み。
それでセキュリティーしてるって事だね。

a0351038_13432187.jpg
a0351038_13451518.jpg
a0351038_13481329.jpg
a0351038_13500750.jpg
部屋は狭いけど新しくて綺麗でオサレ・・・
だが!
わざわざグレードアップして窓付にしたのにハメ殺しとゆ~( ̄▽ ̄;)!!
しかも、外が見えるんじゃなくてレストランが見える。
つまり、レストランが吹き抜けになってて、そこにハメ殺し窓があるって事っす。
やられたーーーー
あと、アメニティが液体ソープしかない。
クラビ空港の荷物審査でシャンプーを没収されたんだよなぁ。
(Mちゃんの置き土産。ちとサイズがでかかった)
肝心の臭いだけど、そんなに気にならなかったかな。
立地は抜群だし綺麗だし1泊2000円ほどでコスパもいいのでオススメっす。
一応、朝食も付いてるしね。

さて、さて・・・
とっとと近くのホーカーに行って飲みますかー!

[PR]

by panda_traveler2 | 2018-05-13 11:58 | 2017.12~クラビ,ランタ島,KL | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://wisata2.exblog.jp/tb/238518353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2018-05-13 17:05
旅の報告、灯だけでもバグースですよ。
亜細亜の醍醐味を感じます。
まだまだ続報楽しみにしていますね。
Commented by panda_traveler2 at 2018-05-16 12:41
■umi_bariさん
チャイナタウンはどの国に行っても楽しいですよね。
これからも年に一回はマレーシアに行きたいと思ってます。


<< KLチャイナタウンの宴はローカ...      ランタ島からクラビ空港まで。さ... >>