酒飲みパンダの貧乏旅行記 第二章

wisata2.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 15日

やっぱり美味しい!ラヨーンスターホテルの朝ごはん♫

059.gif旅行期間 2015.12.26~201.1.4

★2015.12.27(日)

(´∀`*)
お楽しみのスターホテルの朝ごはんの時間ですよ!
もーハッスルしちゃって(ハッスルって言葉が昭和だ)6時半に起きて7時に行きましたよ。

a0351038_11340640.jpg
とりあえず手始めにこんな感じから。
もーホントに食べたかったわ~この朝ごはん!
今回は前回の反省を踏まえ、最初に汁麺に手を出しませんでしたよ。
しかし、オムレツがやったら小さかったなー。
ウィンナーと比べてみれば分かると思うけど。
ま、他に食べたいものが色々あるから小さくてもいいんだけど。
(なんならお代わりしてもいいんだしさ)
炒め物は大好きなヤングコーンを集中的にGETっす。

a0351038_11352243.jpg
お代わりはこんな感じで。
珍しくパンなんぞ。
普段はかぼちゃとかあんま食べないんだけどタイのかぼちゃはあっさりして変に甘味がなく
固めで歯ごたえがあって美味しい。
このグリルって調理法がいいのかも。
スープは豚バラてんこ盛りっす(≧∇≦)
奥に見えるはメロン。
何となく無くなりそうだったので早めに取ってきました。
(やたらメロンを集中的に食ってる太った女の子が居たので焦った)

a0351038_11363012.jpg
〆は汁麺!
麺は大好きなセンヤイっす。

あぁ、やっぱりこのホテルの朝ごはんは満足出来るわ~
この朝ご飯を食べるためだけに又泊まりたいくらい。

a0351038_11373905.jpg
レストランは広くて人がたくさん居ても余裕。
ただ、窓側の席は少なくて他の席がチト薄暗いのが難点・・・
ま、窓側は窓側で日差しがモロ入ってくるので暑そうではあるんだけど。

なんやかんやで食後のコーヒーを2杯くらい飲んで2時間くらいレストランに居た(笑)

朝食の後は近くのマーケットでサメット島に持っていくものを調達。
みかん、ドラゴンフルーツ、キュウリ、トマト、インゲン、マンゴーなど。
帰りに前にも行ったホテル前のマッサージ屋へ。
私の事を覚えてたみたいで入るなり「イープン!イープン!(日本人)」と笑ってた。
ホテルに戻る前にセブンでビールを購入。12本くらい買ったかしら?
なんせサメット島は離島なのでセブンとかも概ね1~2割増し。
ちりつもで、ビール1缶辺り7B違えば10本で70Bだからね。
ケチな私はなるべく本土で買って頑張って背負って持ち込むのだった。

12時にホテルをチェックアウト。
歩いてバンペー行きのソンテウが出てるバスターミナルへ。
止まってるソンテウに乗って待ってると白人のオヤジ二人組みがやってきた。
私の隣に座ったのだが一人のオヤジが携帯に向かって一人で何か喋っとる。
そして、その後に私に声を掛けてきて携帯の画面を見せた。
そこにはタイ文字が綴られてた。
どうやらオヤジは私をタイ人だと思ったみたいで翻訳ソフトを使って何か聞きたかった様だ。
「すまん。あたしゃ日本人でござる」と言うと爆笑された。
タイ人からもタイ人に間違われるんだから白人からするとタイ人にしか見えないのだろう。
私の隣に間違いなくタイ人と思われる若い女の子が居たので、その子に声を掛けて携帯を見てもらった。
しかし、恐らく翻訳がうまくいってなかったのだろう。
女の子は見ても首を傾げてた。
タイ文字で出ちゃってるからオヤジも合ってるか分かんないわな(笑)
後に「サメットなんたらかんたら」って言ったので、恐らくサメットに行くにはこれに乗ればいいのか?的な事が聞きたいのだと分かった。
旅の連れが出来た。
ここで私はオヤジ達に頷いて「これ、これ」と教えてあげた。
「お前さんもサメット行くのか?」と聞かれたので頷くと、向こうは私以上に連れが出来てホッとした様だ。
ソンテウ代が25Bである事もついでに教えておいた。

そんなこんなで12時30分にソンテウは出発した。
順調にバンペーに向かってる。
もうすぐ港だな、ってチョイ手前でソンテウはベルも鳴ってないのに止まった。
するとどこぞのエージェントからオバハンがやってきて白人に「サメット行くのか?」と話しかけた。
ん?これは、もしや・・・
案の定「チケットはここで買いなさい」的な事を言っとる。
ぼったくりチケットだな。
(私も最初はぼったくりチケットを掴まされたので分かる!)
オバハンは私がツーリストだと気付かず白人オヤジ達だけに食いついとる。
一人のオヤジが私を見て目で合図を。「ここで買うのか?」って意味だ。
私は静かに首を横に振った。
オヤジ達は無事ぼったくりチケットを買わずに済んだ。
それから少し走ってソンテウが港の前に来たのでベルを押して降りた。
13時10分。ラヨーン市街を出発して40分後だ。
オヤジ達も一緒に降りてくる。
もはや私は引率者である(笑)

正規のチケット往復100Bをオヤジ達と買い船に乗り込む。
船には結構人が既に乗っていた。
乗り込もうとしたら白人オヤジが私の荷物を持ってくれた。
オマケに乗り込む時に手を貸してくれた。
紳士ですなぁ。
人も結構乗ってたしあまり待たずに出航するかも・・・と思ったが氷積んだり麺屋台を積んだりで結構待たされた。
その待ってた時に事件は起きた。
一人のタイ人オカンが熱々の汁麺をふたつ持って船に向かってきた。
そして船に乗り込もうと足を掛けた時に・・・
バランスを崩して熱々の汁麺をガッツリこぼしてしまったのだ!
それと同時に聞こえた大きな悲鳴は、さっきまで一緒に居た白人オヤジだった。
オヤジ、思いっきり頭からぶっかけられてた。
幸い?船に大量の氷が積み込まれていたので、その氷を取って応急処置してた。
周りに居た人たちは皆な心配してタオルを貸してあげたり薬を貸してあげたり。
で、当のぶっかけた本人はと言うと・・・
まさかの笑顔で「やっちゃった~」みたいな顔で舌をペロッと出して麺をすすってた。
・・・麺、食う?この状況で(=_=)
どこからかの救援物資で回ってきたティッシュも麺を食う片手間に投げて渡してたし。
よく「微笑みの国タイ」と言うが、このほほえみはどうなんだろう?
ちゃんと謝ったところも見てないし、すまなさそうな顔はナッシングだし。
すげーヤなもんを見てしまった。
オヤジ、頭にも肩にも麺が付いてた。可哀想・・・(´;ω;`)

a0351038_11383666.jpg
とか何とかやってる間に船は出た。13時55分。

a0351038_11411719.jpg
14時40分、サメット島ナダム港に到着。
熱々汁麺をかけられた白人オヤジは降りる時も私に気を遣って「荷物を持とうか」と声を掛けてくれた。
いやいや、私なんかより自分は大丈夫なんかい!!
自分がひどい目に合わされたってーのに、その気遣いに泣きそうになったわ。
勿論、荷物は自分で運んだ。

[PR]

by panda_traveler2 | 2016-03-15 07:42 | 2015.12.26~ラヨーン、サメット | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://wisata2.exblog.jp/tb/22595277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nano at 2016-03-15 08:30 x
か、かわいそうなオヤジ。。。
しかし、美味しそうな、楽しそうな、雰囲気が漂っていて、羨ましいでござる。

先日、博多でカオマンガイを食べました。
最近、タイ料理にハマってます。
行けないなら、食べてやる!的な。

地元には、ないからなぁ〜
Commented by JIN at 2016-03-15 12:39 x
>自分がひどい目に合わされたってーのに、その気遣いに泣きそうになったわ。

私もウルウルきた~ (TーT)

さて、白人オヤジたちとの今後の展開は?
サメット島がどのくらいの規模かわからないけど、また会うことはあったのでしょうか。

なんにせよ、パンダさんの旅行記は下手な小説より面白いから楽しみだわ~!

Commented by jade at 2016-03-16 14:43 x
パンダさん、こんにちは。 ああ白人おじさまの悲劇、、、笑っちゃいけないのに笑っちゃったのは、パンダさんの描写が上手すぎるせい。にしても肩にも頭にも麺が、、なんて漫画みたいです。加害者のおばさん、なんだかNさまとかぶってしまいました。 パンダさんの旅ってドラマより面白くガイドブックより参考になり、でもってパンダさんのお人柄が大好きです。
Commented by panda_traveler2 at 2016-03-27 11:51
■nanoさん
ホント、自分が親切にしてもらっただけに可哀想感がひとしお・・・
最後まで優しかったオジサマ達に泣けました(´;ω;`)

カオマンガイ!
タイに行きはじめた頃はよく食べてたけど最近は食べてないなぁ。
今度の訪タイで見つけたら食べよー

こちらは近所に何軒かタイ料理屋さんがあるけど高いっすよ。
ビアチャン、ビアシン小瓶700円とか料理は概ね1000円くらいだし。
3回行ったらタイ行けるんじゃね?って感じ(笑)
でも先日プリングルスのグリーンカレー味を食べました。
美味しかった(´∀`*)
Commented by panda_traveler2 at 2016-03-27 11:57
■JINさん
その白人さん達とはそれっきりでした。
あの軽装っぷりだと日帰りで行ってたのかな。
あの時間から!?って感じもあるけど。

サメット島は歩いて一周は出来ない規模で、私が滞在してたメインのサイケーオビーチも
端から端まで歩けるけど、なかなかいい運動になる距離ですね。
ほとぼりが冷めたら?(冷める事はあるのだろうか・・・)一度行ってみてはどうでしょう?
海の透明度は今まで見たタイの海で1番綺麗ですよ。
Commented by panda_traveler2 at 2016-03-27 12:55
■jadeさん
実は白人オジサマ・・・ややてっぺんも薄目で。
さぞかし熱かっただろう、と。
確かに!
謝らないって意味ではあの麺ぶっかけオカンとN様は似てるかも!?
食い気が勝っちゃうあたりもしかり。

そんなに私のブログを褒めていただきありがとうございます!
いつも同じもん食べて同じもん飲んで変化もなく、あまり冒険もいたしませんが
旅に行ったからといって張り切って予定をギューギューに詰めるより
ユルユル~な感じでこれからも頑張ってまいります!


<< 再びサメット島の上陸!      ラヨーン、今回のお宿もスターホ... >>