酒飲みパンダの貧乏旅行記 第二章

wisata2.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 04日

タイ サメット島2日目

059.gif旅行期間 2015.12.26~201.1.4

★2015.12.28(月)

朝ごはんはカップ麺。
湯沸し鍋はベッドの上に置いてギリでコンセントが届いた。
ベッドが固めだったので何とか大丈夫そう。
で、バッグが置いてある棚のところで立ち食い状態。
パンとかだと表のテーブルで食べれるのだがお湯の入ったカップ麺を下まで持っていくのはムズかった。

11時ビーチへ。
ちなみに、この日から最終日までほぼビーチでのんびり過ごしているので大きな変化は無くなる(笑)

前回はビーチに出て右側にホテルがあったので、ホテル前で泳いでいたがボートが多くてイマイチ遊泳には向かなかった。
今回はビーチに出て左に行った。
こっちにはロープで遊泳エリアが確保されてる所がある。

a0351038_09211370.jpg
a0351038_09221382.jpg
a0351038_09224835.jpg
a0351038_09324417.jpg
とにかく人が多くて場所を確保するのが大変!
何とかギリ日陰の小さいスペースを見つけてビーチタオルを広げて場所確保。
しかし・・・
人は多いけど相変わらずサラサラの白砂に透明な綺麗なビーチ(´∀`*)
やっぱりサメット島のビーチは綺麗だ!
サイケーオビーチでこれだけ綺麗なんだから他のビーチはもっと人も少なく綺麗なんだろうか。
ちなみにサイケーオビーチは海に向かって左側(今回居るエリア)に餃子は少なめな感じがする。
ローカルが多いかな。

a0351038_09340695.jpg
今回のランチは天秤物売りのコレ!
ビーチ価格で100Bだった。

a0351038_09370647.jpg
温め直してくれとります。

a0351038_09380326.jpg
食べやすい大きさにカットされました。
味の方は期待してなかったけど意外に美味しかった!
お肉もパサパサ感はなく柔らかかったし。
ちなみに、カオニャオは良心価格?で10Bだった。

夕方までビーチで泳いだり寝たりしてマッタリ過ごした。

さて、二日目の晩餐。
いつもの内陸の屋台風レストランに行くと満席。
ってな訳で手前の似た様な感じのこじんまり屋台へ。

a0351038_09390284.jpg
まずはビール。
この店も大瓶は90Bだった。

a0351038_09442133.jpg
私の一人飯の強い味方、パッシーイウタレーを注文。70B?80B?
普通にシーフード入り野菜炒めよりコッチの方が断然お得なんだよね~
大体どこの店に行っても。
シーフードの炒め物って単品だと高いけど麺料理の具をシーフードにすると安い。
大体の店は麺料理(炒飯も)が安い。
量もなんやかんやで単品とそう変わらない気がする。
単品は麺の分が野菜って感じかな。

a0351038_09520105.jpg
ここでもインゲンのソムタムを注文。60B
トマトも美味しい。

a0351038_09540233.jpg
店のオトン。
このオトン、可愛いオトンだった。

a0351038_09551390.jpg
網で大きな魚と海老が焼かれとった。
海老、美味しそう~

お会計は大瓶2本、小瓶1本で370B
氷がタダだったのかな?
今まで行ってた店よりこじんまりしてて個人的にはコッチの屋台の方が好きかな。

[PR]

# by panda_traveler2 | 2016-04-04 06:00 | 2015.12.26~ラヨーン、サメット | Trackback | Comments(6)
2016年 04月 03日

タイ、サメット島!初日の夜宴

059.gif旅行期間 2015.12.26~201.1.4

★2015.12.27(日)

再びサメット島上陸記念宴は前回も通ってた内陸の屋台風レストランへ。
呼び込みのオカン、相変わらず「ライライライライ~!」と元気に呼び込みしとる。
ちなみに「ライライ」は恐らく中国語。
オカンに近寄ると「あれまー!長期滞在してんのね!」との反応。
いやいや、一回日本に帰っとるがな。

a0351038_12165723.jpg
前回と違うのはコップが一個になった事くらいかしら。
ちなみに、準レギュラーのN様は当分私の旅行記には登場いたしません。
ケンカしたとかじゃないですよ。
N様オカンが具合が悪く、暫く旅に行けないんだと。
あ!
呼び込みの元気なオカンの後ろ姿が偶然にも写っとる。
帽子かぶった腕がむっちりしとるオカンね!

a0351038_12181323.jpg
サメット島来たらシーフード・・・なんだろうけど、やっぱブーに惹かれる。80B

a0351038_12215977.jpg
インゲンのソムタム。60B
前回の最後は苦手な沢蟹入りのやつで全然食べられなかったが今回はセーフ!
ノーマルできました。
やっぱタイの長インゲンは美味しい(^O^)

一人なのでツマミはこれだけ。
のんびりビール飲みながら人間ウオッチングしてた。
目の前に座ってたカップル(男が白人で女性が日本人?タイ人ではなかった)が焼き魚を注文。
彼女が届いた魚が生焼けだと言って再度焼けと突き返す。
再び網で焼かれ登場。
私の方から見ても今度は焼過ぎではないのか?なくらい真っ黒になっとる。
でも、まぁ~皮だけかもしれん。
しかし、やっぱり今度は焼過ぎでそれはそれで食えん状態だったくさい。
再び彼女が店員を呼びつけクレーム。
もめてた。
そこに呼び込みの元気なオカン(オーナーか?)登場。

「こんなん食えるか」
「どうして?」
「見なさいよ!こんなに焦げてんじゃないの!」
「いやいや、これくらいいけるっしょ」
「もういいわ!魚代は払わないから!」
「魚代はちゃんと払ってよ」

遠めだったのであんまり会話は聞こえんかったが、こんな感じのやりとりになってた。
結局魚代は払わさせられたくさい。
彼女がブチ切れて店を出た。
彼は呑気に焼き場の写真とか撮ってる。
何そんなもん撮ってんのよ!と言わんばかりに彼女は彼を引っ張って去ってった。

何度か旅先でこういった人を見たなぁ。
焼け過ぎで食えんから金は払わん!ってやつ。
大体白人だが。
語学力の問題か?お国柄か?
日本人ってこういったクレームを海外でなかなか強気でいけないよねぇ。
食えん・・・と思ったら黙って残してお金も払う。
どっちがいいとか悪いとかの話ではないが。

ってな訳で、ビール3本飲んで店を出て帰りにタイマッサージ1時間(200B)して帰りました。

[PR]

# by panda_traveler2 | 2016-04-03 09:02 | 2015.12.26~ラヨーン、サメット | Trackback | Comments(2)
2016年 03月 27日

再びサメット島の上陸!

059.gif旅行期間 2015.12.26~201.1.4

★2015.12.27(日)

もはや「ただいま」と言うのが正解なのだろうか。
つい2週間前ほどに離れたサメット島に再び戻ってきた。
何も変わっとらん。
当たり前か。
二週間しか経っとらん。
前回来た時はその前に来た時(初めてのサメット島)から10ヶ月ぶりだったのだが
色々と変わってて驚いたのに。
しかも、それが自分が悲しい方向に変わっていってただけにショックも大きかった。
ビーチから出てすぐにあった35B麺屋台、ムーピン1本10Bで売ってた屋台・・・
綺麗なビーチにローカルプライスの屋台、このコラボがサメット島の魅力だった。
自分の中では。
あの屋台は一体どこへ行ってしまったのだろう?
もしかして、値段を2~3倍(リゾート価格)にして、どこかに居たのだろうか?

ん?
何だか詩人風な始まりになっちまったな(笑)

港で船を降りて20B(港使用料?トイレも無いのに・・・)を払いテクテク歩く。
上陸一発目のドリンクはまさかの・・・

a0351038_11475209.jpg
テンモーパン(スイカシェーク)60B
チト高いが屋台ではなくレストランなので仕方がない。
でも美味しかった。

サイケーオビーチに行く手前には屋台群もある。

a0351038_11492076.jpg
海沿いのレストランより少しは安いが「屋台」と考えると高い気がする。
汁麺70Bとかね。

さて、今回の宿に向かいますか。
今回の宿はサイケーオビーチから徒歩1分(も掛からないくらい)の「サメットグリーンイン
私の予算で泊まれる条件を満たした精一杯の安宿。
それでも1泊1300Bくらいだったか。
4000円くらい?
安くはない。
前日泊まってたラヨーンのホテルは3000円だったのに(比べちゃあかんか)
でもビーチにもコンビニにも近くホットシャワー、冷蔵庫があるのが大きなポイント。
酒飲みにとって冷蔵庫の有無はかなり重要。
ブッキングサイトも検索設備条件に「冷蔵庫」ってのを追加して欲しい。

チェックインは宿の前のテーブルに居たオカンがしてくれた。
バウチャーを渡して宿代は現金でチェックインの際に払う。
カードは使えなかった。

案内された部屋は2階の階段脇の部屋。

a0351038_11504685.jpg
大きめの冷蔵庫がある。
ベッドも大きい。

a0351038_12060553.jpg
窓があるけど廊下に面してるので基本的にはカーテン閉めっぱとなる。
物干しあるのはポイント高し!
でも小さいサイドテーブルがわりになる様な椅子がいっこ欲しいところだ。
WiFiはサクサク。

a0351038_12102013.jpg
水回りは安宿にありがちな感じで。
シャワー浴びると便器がビチャビチャになるやつね。
洗面台がシャワールームと別途にあったのは良かった。

ラヨーンで仕入れてきた物資と日本から運んだ物資を冷蔵庫に詰め込む。

a0351038_12112076.jpg
今来たばかりとは思えない充実した冷蔵庫になった(笑)
これ、全部運んできたのだ。
(注:水のボトル2本以外)
豆乳の4個パックも持ってきてたか。写真を見て思い出した。
日本から持ってきたのは「しゃぶしゃぶもち」
これ、カップ麺に入れて「もちもちラーメン」にする魂胆。
ちなみに、タイで使える湯沸し電気鍋も持参してきたよ。

夜宴に出掛ける前にサイケーオビーチを覗き見。

a0351038_12145951.jpg
a0351038_12155760.jpg
サンセットには間に合わず・・・
相変わらず人が多い。
でも、海の綺麗さは健在!

[PR]

# by panda_traveler2 | 2016-03-27 13:44 | 2015.12.26~ラヨーン、サメット | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 15日

やっぱり美味しい!ラヨーンスターホテルの朝ごはん♫

059.gif旅行期間 2015.12.26~201.1.4

★2015.12.27(日)

(´∀`*)
お楽しみのスターホテルの朝ごはんの時間ですよ!
もーハッスルしちゃって(ハッスルって言葉が昭和だ)6時半に起きて7時に行きましたよ。

a0351038_11340640.jpg
とりあえず手始めにこんな感じから。
もーホントに食べたかったわ~この朝ごはん!
今回は前回の反省を踏まえ、最初に汁麺に手を出しませんでしたよ。
しかし、オムレツがやったら小さかったなー。
ウィンナーと比べてみれば分かると思うけど。
ま、他に食べたいものが色々あるから小さくてもいいんだけど。
(なんならお代わりしてもいいんだしさ)
炒め物は大好きなヤングコーンを集中的にGETっす。

a0351038_11352243.jpg
お代わりはこんな感じで。
珍しくパンなんぞ。
普段はかぼちゃとかあんま食べないんだけどタイのかぼちゃはあっさりして変に甘味がなく
固めで歯ごたえがあって美味しい。
このグリルって調理法がいいのかも。
スープは豚バラてんこ盛りっす(≧∇≦)
奥に見えるはメロン。
何となく無くなりそうだったので早めに取ってきました。
(やたらメロンを集中的に食ってる太った女の子が居たので焦った)

a0351038_11363012.jpg
〆は汁麺!
麺は大好きなセンヤイっす。

あぁ、やっぱりこのホテルの朝ごはんは満足出来るわ~
この朝ご飯を食べるためだけに又泊まりたいくらい。

a0351038_11373905.jpg
レストランは広くて人がたくさん居ても余裕。
ただ、窓側の席は少なくて他の席がチト薄暗いのが難点・・・
ま、窓側は窓側で日差しがモロ入ってくるので暑そうではあるんだけど。

なんやかんやで食後のコーヒーを2杯くらい飲んで2時間くらいレストランに居た(笑)

朝食の後は近くのマーケットでサメット島に持っていくものを調達。
みかん、ドラゴンフルーツ、キュウリ、トマト、インゲン、マンゴーなど。
帰りに前にも行ったホテル前のマッサージ屋へ。
私の事を覚えてたみたいで入るなり「イープン!イープン!(日本人)」と笑ってた。
ホテルに戻る前にセブンでビールを購入。12本くらい買ったかしら?
なんせサメット島は離島なのでセブンとかも概ね1~2割増し。
ちりつもで、ビール1缶辺り7B違えば10本で70Bだからね。
ケチな私はなるべく本土で買って頑張って背負って持ち込むのだった。

12時にホテルをチェックアウト。
歩いてバンペー行きのソンテウが出てるバスターミナルへ。
止まってるソンテウに乗って待ってると白人のオヤジ二人組みがやってきた。
私の隣に座ったのだが一人のオヤジが携帯に向かって一人で何か喋っとる。
そして、その後に私に声を掛けてきて携帯の画面を見せた。
そこにはタイ文字が綴られてた。
どうやらオヤジは私をタイ人だと思ったみたいで翻訳ソフトを使って何か聞きたかった様だ。
「すまん。あたしゃ日本人でござる」と言うと爆笑された。
タイ人からもタイ人に間違われるんだから白人からするとタイ人にしか見えないのだろう。
私の隣に間違いなくタイ人と思われる若い女の子が居たので、その子に声を掛けて携帯を見てもらった。
しかし、恐らく翻訳がうまくいってなかったのだろう。
女の子は見ても首を傾げてた。
タイ文字で出ちゃってるからオヤジも合ってるか分かんないわな(笑)
後に「サメットなんたらかんたら」って言ったので、恐らくサメットに行くにはこれに乗ればいいのか?的な事が聞きたいのだと分かった。
旅の連れが出来た。
ここで私はオヤジ達に頷いて「これ、これ」と教えてあげた。
「お前さんもサメット行くのか?」と聞かれたので頷くと、向こうは私以上に連れが出来てホッとした様だ。
ソンテウ代が25Bである事もついでに教えておいた。

そんなこんなで12時30分にソンテウは出発した。
順調にバンペーに向かってる。
もうすぐ港だな、ってチョイ手前でソンテウはベルも鳴ってないのに止まった。
するとどこぞのエージェントからオバハンがやってきて白人に「サメット行くのか?」と話しかけた。
ん?これは、もしや・・・
案の定「チケットはここで買いなさい」的な事を言っとる。
ぼったくりチケットだな。
(私も最初はぼったくりチケットを掴まされたので分かる!)
オバハンは私がツーリストだと気付かず白人オヤジ達だけに食いついとる。
一人のオヤジが私を見て目で合図を。「ここで買うのか?」って意味だ。
私は静かに首を横に振った。
オヤジ達は無事ぼったくりチケットを買わずに済んだ。
それから少し走ってソンテウが港の前に来たのでベルを押して降りた。
13時10分。ラヨーン市街を出発して40分後だ。
オヤジ達も一緒に降りてくる。
もはや私は引率者である(笑)

正規のチケット往復100Bをオヤジ達と買い船に乗り込む。
船には結構人が既に乗っていた。
乗り込もうとしたら白人オヤジが私の荷物を持ってくれた。
オマケに乗り込む時に手を貸してくれた。
紳士ですなぁ。
人も結構乗ってたしあまり待たずに出航するかも・・・と思ったが氷積んだり麺屋台を積んだりで結構待たされた。
その待ってた時に事件は起きた。
一人のタイ人オカンが熱々の汁麺をふたつ持って船に向かってきた。
そして船に乗り込もうと足を掛けた時に・・・
バランスを崩して熱々の汁麺をガッツリこぼしてしまったのだ!
それと同時に聞こえた大きな悲鳴は、さっきまで一緒に居た白人オヤジだった。
オヤジ、思いっきり頭からぶっかけられてた。
幸い?船に大量の氷が積み込まれていたので、その氷を取って応急処置してた。
周りに居た人たちは皆な心配してタオルを貸してあげたり薬を貸してあげたり。
で、当のぶっかけた本人はと言うと・・・
まさかの笑顔で「やっちゃった~」みたいな顔で舌をペロッと出して麺をすすってた。
・・・麺、食う?この状況で(=_=)
どこからかの救援物資で回ってきたティッシュも麺を食う片手間に投げて渡してたし。
よく「微笑みの国タイ」と言うが、このほほえみはどうなんだろう?
ちゃんと謝ったところも見てないし、すまなさそうな顔はナッシングだし。
すげーヤなもんを見てしまった。
オヤジ、頭にも肩にも麺が付いてた。可哀想・・・(´;ω;`)

a0351038_11383666.jpg
とか何とかやってる間に船は出た。13時55分。

a0351038_11411719.jpg
14時40分、サメット島ナダム港に到着。
熱々汁麺をかけられた白人オヤジは降りる時も私に気を遣って「荷物を持とうか」と声を掛けてくれた。
いやいや、私なんかより自分は大丈夫なんかい!!
自分がひどい目に合わされたってーのに、その気遣いに泣きそうになったわ。
勿論、荷物は自分で運んだ。

[PR]

# by panda_traveler2 | 2016-03-15 07:42 | 2015.12.26~ラヨーン、サメット | Trackback | Comments(6)
2016年 03月 14日

ラヨーン、今回のお宿もスターホテルです!

059.gif旅行期間 2015.12.26~201.1.4

★2015.12.26(土)

17時15分にバンコクのアヌサワリーチャイを発車したロットゥは2時間半後の19時45分のラヨーンに到着。

a0351038_11230361.jpg
えぇ、今回のラヨーンのホテルも前回と同じくスターホテルですの( ´艸`)ムププ
前回は1泊4200円くらいだったけど、こん時は3200円くらいで取れますた!

a0351038_11245083.jpg
ただ、ツインしか無いのが難点・・・(´・_・`)
でも相変わらず広くて綺麗な部屋。

a0351038_11254890.jpg
冷蔵庫もいいポジにあるんだよねぇ。
よくテレビ台の下とかに扉で隠されてるタイプの冷蔵庫あるでしょ。
あれ、面倒くさくて嫌い。
いちいち扉を開けないといけないし、開けっぱだと通行の邪魔だし。
位置も下だと何やかんやで入れにくいし。

a0351038_16281119.jpg
水回りも広くて綺麗ですよ。
バスタブとシャワーブースと別にあります。
アメニティも必要最低限の物は揃ってる。歯ブラシは無いけど。

a0351038_11275738.jpg
そして、今回もウェルカムフルーツがありました。
前回と違ったのはテーブルにメッセージがあった事。
以前にも泊まってた記録が残ってたからだと思うが「また来てくれてありがとう」みたいなメッセージだった。
正直、この値段でこれだけのホテルはそうそう無いかも。

荷物を置いてサクッとナイトマーケットへ。
とにかく疲れちゃって(機内の隣の夫婦のせいもある)適当に買ってきて部屋飲みしようと思って。

a0351038_11323235.jpg
ってな訳で初日の晩餐はこんな感じっす。
おかずを売ってる屋台で「絹さやと袋茸とカリフラワーの炒め煮(30B)」と「タイ風?茶碗蒸し(15B)」と
「カリカリポークのっけカオニャオ(25B)」で部屋飲みっす!
どれも美味しかった~
写真に写ってないけど食後のデザートのカットフルーツも買ってきたっす。
スイカとドラゴンフルーツ。どっちも結構な量が入って20Bだった。

[PR]

# by panda_traveler2 | 2016-03-14 07:21 | 2015.12.26~ラヨーン、サメット | Trackback | Comments(0)