<   2016年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 29日

サメット島3日目の宴も内陸ローカルレストランで!

059.gif旅行期間 2015.12.9~12.14

★2015.12.12(土)

さてさて、サメット島3日目の宴も内陸のローカルレストランで!

a0351038_14070194.jpg
いわずもがな、で氷も出てくるようになりましたよ。
かんぱ~い!( ^^)/▽▽\(^^ )
奇跡的にテーブルクロスがパンダだった(笑)

a0351038_14012442.jpg
つまみはやっぱり外せないブーちゃん。100B
ちなみに、豚肉は既に焼かれており好きなブロックを指差しで値段を確認する。

a0351038_14050736.jpg
焼き魚、頼んでみました。150B
う~~~~~~~ん・・・
なんだろう?
やっぱ少し生臭いんだよねぇ。
タイの屋台でよく焼き魚を見かけてローカルにも人気があるみたいなので何度か頼んだ事があるが
概ねどこか生臭いんだよねぇ。
あと、盛付けの向きも適当なので写真みたいに逆向きに来ることもしばしば。
これにも違和感を覚える。

a0351038_14084767.jpg
空芯菜炒め。100B
やっぱ離島は高いのぉ。
でもこれはどこで頼んでもほぼハズレ無し。

a0351038_14101751.jpg
なんか卵が食べたくてオムレツのっけご飯を注文。60B
ご飯、いらん!と思ったけどN様が食べてくれました。

途中で生野菜が食べたくて、キュウリとインゲンを頼んだんだが有料だった。。。
40もB取られたぞ。
普通ぶっかけ飯屋だとタダで食べられるのに・・・
離島ってのはいちいち金が掛かるわ。

a0351038_14113101.jpg
大瓶4本で打ち止め!
この後は残ったブーを持ち帰りして部屋でしこたま飲みました。

[PR]

by panda_traveler2 | 2016-02-29 05:20 | 2015.12.9~バンコク、サメット島 | Trackback | Comments(4)
2016年 02月 28日

サメット島3日目 この日も快晴!マッタリ~

059.gif旅行期間 2015.12.9~12.14

★2015.12.12(土)

サメット島3日目・・・

a0351038_13055503.jpg
朝ごはんは昨日と同じくスクランブルエッグ。
でも昨日と違うのは卵が多いのと生野菜が付いてる事。
って、生野菜は持参したものっす(~_~;)
ラヨーンの市場でキュウリ、トマトを買ってきてたんだよねぇ。
部屋飲みのツマミにでもしようと思ったのだが、朝に生野菜って食べたい。
パンに挟んでサンドイッチにしたりして食べておりました。

a0351038_13070607.jpg
昨日はレストランの中で食べてたけどこの日はビーチのテーブルで。

持ち込みしたパンやヨーグルトやフルーツで満腹朝ごはんのあとは勿論ビーチでのんびり。

a0351038_13093610.jpg
a0351038_13212963.jpg
a0351038_13412462.jpg
a0351038_13423369.jpg
海と真っ白な砂浜の綺麗さが伝わりましたかね??
こ~んなに綺麗な海なのに遠くに見えるは・・・

a0351038_13432738.jpg
ぽっこり浮いてる餃子オヤジだったりする。
悲しいサメットのビーチよ・・・・゜・(ノД`)・゜・

お昼は昨日も行った内陸の麺屋さんへ。
この日は「大盛り」で頼もう!と意気込んでいたのだが「大盛り」ってタイ語で何て言うんだ?
「ピセー」ってのは「スペシャル」みたい意味なんだよなぁ~確か。
大盛りってよりトッピング豪華、みたいなイメージかね。
分からんかったので「ビッグヌードル」と言ってみた。
で、出てきたのはコチラ・・・

a0351038_13443930.jpg
具がスペシャル!所謂「ピセー」でやってまいりました(~_~;)
あぁ、「麺を大盛り」って言葉を覚えなきゃ!
ちなみに、昨日の普通麺は50Bでこのスペシャルは60B
たった10Bの差で結構豪華になるぞ。

スペシャル麺の後は勿論ビーチに戻る。
16時にはチェアが片付けられ、適当な砂浜にタオルを敷いてゴロン。
良い気持ちで寝てると何か臭い。
N様の加齢臭??(最近彼女はおばぁちゃんみたいな匂いがする・・・きっと私もだろうが)
フッと振り向くと・・・

a0351038_13465825.jpg
昨日N様に添い寝してたアイツが居た!
ちょっと私のバスタオルにのっかっとるやんか!ヽ(`Д´)ノ
こんな広い砂浜で何でこの至近距離?
人が好きなのかもしれんが、かと言って懐いてくる感じも無いし。

a0351038_13481945.jpg
このワンコみたいにたまには水浴びしろよー
くせぇーからなー

a0351038_13504234.jpg
a0351038_13534329.jpg
この日も綺麗にサンセットが見れた。
と、アイツが居なくなっとる。
見回したら・・・

a0351038_13555776.jpg
居た!
今度は餃子軍団に混じっとる。

a0351038_13583262.jpg
夜のビーチはこんな感じ。
レストランがライトアップされて綺麗。
アチコチでファイヤーショーもされてるよ。

[PR]

by panda_traveler2 | 2016-02-28 15:03 | 2015.12.9~バンコク、サメット島 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 19日

サメット島、今宵の宴の肴は貝じゃーー

059.gif旅行期間 2015.12.9~12.14

★2015.12.11(金)

ビーチから17時半頃に引き上げてシャワーを浴びてお楽しみの宴へ!
今宵も向かうは昨日と同じ内陸の屋台風のレストラン!
一度気にいるとほぼ通う(笑)

a0351038_10171784.jpg
昨日は初日で、氷をくれ、、、と言うとコップに入れて持ってきたのだが
何度もおかわりする羽目になって面倒くさかった。
二日目ともなると学習したみたいでバケツでくれた(笑)
そうなのよねぇ。
「氷ください」はタイ語で言えるけど「氷をバケツに入れてたくさんちょうだい」って何て言うんだろ?

a0351038_10192891.jpg
ま、やっぱりインゲンソムタムなのだが量が昨日の半分(か、それより少ない!)80B
日によって?作り手によって?のクオリティの違いは東南アジアあるある、だな。

a0351038_10182479.jpg
昨日のポークリブは骨だらけだったのでこの日は肉々しいのを選んだ。
柔らかくてめっちゃ美味しかったっす!160B
きゅうりもたんまりヽ(*´∀`)ノ

a0351038_10222849.jpg
昨日隣に座ってた白人オトンの連れのタイ人女性が一心不乱にこれ食べてて頼んでみた。
赤貝?150B
この貝を頼むの久しぶりだなぁ。

a0351038_10332337.jpg
この日は貝祭り!って事で巻貝も頼んでみた。
つぶ貝みたいな感じ?180B
これは美味しかった!
やっぱ貝はウマいのーーー(*≧∀≦*)

a0351038_10350263.jpg
お店の看板猫。
シャム子・・・と名付けた。
シャム猫ってタイ産?タイの品種?何て言うんだ??タイの猫なんだってね。
上品で綺麗な子でした。
でも店のゴミ箱漁ってたけど(笑)
まぁ~海老やらカニやら魚の骨やら入ってるから仕方ないか。

a0351038_10554410.jpg
ってな訳で、この日は大瓶4本で打ち止め。
余った豚肉、貝をおみやして続きは部屋飲みで。

[PR]

by panda_traveler2 | 2016-02-19 06:01 | 2015.12.9~バンコク、サメット島 | Trackback | Comments(2)
2016年 02月 18日

サメット島サイケーオビーチはこんな感じ

059.gif旅行期間 2015.12.9~12.14

★2015.12.11(金)

美味しい汁麺ランチの後は再びホテルの前のビーチへ。

a0351038_09322282.jpg
パラソルの下でチェアでゆっくり・・・
よ~く見るとN様が写ってますよ(笑)

a0351038_09365968.jpg
ビーチには物売りがひっきりなしにやってくる。
マッサージなどは少ししつこいが食い物系は目が合わない限り下手に寄ってこない。
ちなみに、ガイヤーン(ソムタム含む)、フルーツ、アイス、スルメ、穴あき卵が殆ど。
パンケーキは若干移動はするが大体毎日同じ場所で陣取ってやっとる。

のんびりとホテルの前のパラソルとチェアが使えるのは16時まで。
これ以降はオンザビーチレストランに変貌するため追い出される。
16時なんてまだまだ海から引き上げる時間じゃないよーーーー
ってな訳で、バスタオル持って適当な砂浜に敷いて寝転がる。
(この辺のビーチはレストランが多くて適当な場所を見つけるのも大変)
砂も柔らかいので寝心地はさほど悪くないのだが腰が痛くなる。
ふっ・・・と隣を見るとN様にボーイフレンドが出来てた。
添い寝しとる。。。

a0351038_09382392.jpg
相手はビーチに居るノラ公。
こんな広いビーチでこの距離感は凄い。
懐いてくるわけではない。
ツンデレタイプとでも言うのだろうか。

a0351038_09400506.jpg
なんとも言えない哀愁漂う顔と耳しとる。。。

この写真を機にビーチの写真を色々と撮ってみた。

a0351038_09415345.jpg
いぶすき。
これ、ビーチには絶対居るよね。
砂に埋もれてるのは餃子です。

a0351038_09502983.jpg
多分、餃子。
彼の髪型が角刈りだから。

a0351038_09533184.jpg
餃子オカン軍団。

a0351038_09555778.jpg
この子達はちょっとお洒落だったので小龍包かもしれん。

a0351038_09580469.jpg
めおと餃子。

a0351038_10093424.jpg
この子達もお洒落だったので小龍包かな。

a0351038_10110255.jpg
なんじゃこりゃ。

まぁ~今時のサメット島のサイケーオビーチはこんな感じっすよ。
夕方になるとツアーから戻ってきた餃子でビーチは埋め尽くされる。
逆に言うと日中はあんまり居ない。
居てもすぐにボートに乗ってどっか行ってしまう。

a0351038_10121406.jpg
a0351038_10160434.jpg
綺麗な夕日が見えました。

[PR]

by panda_traveler2 | 2016-02-18 07:34 | 2015.12.9~バンコク、サメット島 | Trackback | Comments(6)
2016年 02月 17日

サメット島「Jirawan Hotel」の朝ごはんと美味しい麺屋

059.gif旅行期間 2015.12.9~12.14

★2015.12.11(金)

さて、朝ごはん。
時間は7時半~10時までだそうな。
8時にレストランに行くとメニューを渡され、アメリカンBF(か?)とお粥のどちらか選択しろ、との事。
アメリカンは卵料理が目玉焼きかスクランブルを選べる。
アメリカンでスクランブルをチョイス。

a0351038_09151181.jpg
こちらが宿のレストラン(朝食会場)
広い店なのだがテーブルがぎっしりで狭い感半端ない!
しかし後に気付いた。
このテーブルと椅子の半分くらいは夕方からビーチに移動するのだ。
日中の間は屋根の下に置いてある・・・って事だった。

a0351038_09160962.jpg
まず運ばれてきたのがコーヒーとオレンジジュース。
オレンジジュースは勿論フレッシュではない。

a0351038_09170643.jpg
トースト2枚とハム1枚にスクランブルエッグ。
卵、少なっ!
朝はガッツリ食べたい私には足りなかったのは言うまでもない。

a0351038_09181114.jpg
この宿にはやたら猫が居て、寄ってきてはおねだりをする。
分けてあげれるほどの朝食内容では無かったがスクランブルエッグをチトおすそわけ。

朝食のあとは目の前のビーチへ!

a0351038_09191118.jpg
目の前のビーチはボートだらけ!
パラセイルだかツアーだかで使うボートがわんさかで、せっかく綺麗な広い海なのに狭苦しい感じ。

a0351038_09201278.jpg
ただ、日中は客を乗せてどっか行くのでそこそこ泳げるが、戻ってきたら慌てて逃げねばならん。
これはバリのパダンバイを思い出すわ。
ま、サイケーオビーチは一番賑やかなビーチなので仕方ないわな。

宿の前にはパラソルとチェアがあって宿泊客は無料で利用できる。
宿泊客じゃなくても飲み物とか頼むと使えるっぽい。

13時頃、ランチへお出掛け。
何となく汁麺を食べたくなった我々。
私が以前に来た時に管理事務所の向かいに麺屋台があった。
35Bとゆ~離島かつビーチ至近では驚きのローカルプライズだった。
確かフルーツとガイヤーンの屋台といくつかあった記憶が。
しかし!
その屋台群は既になくなってた。
汚い犬が寝転んでるだけ・・・
近くに屋台の集合エリアみたいのがあり、そこに移動したのかと見に行くも
全然ビーチ価格の70~100Bとかだった。
カオパットプー(カニ炒飯)350Bと書かれた屋台にはさすがに驚いた!
屋台の炒飯で1200円!?
とりあえず内陸に進んで安い麺屋を探そう!とテクテク歩く。
ビーチ近くで70Bだった汁麺は内陸に進むにつれ60B→50Bと安くなったが
どうやら50Bが徒歩圏内の底値のようだった。
ってな訳で50Bの食堂に入ってみた。

a0351038_09281316.jpg
出てきた汁麺がこれ!
見るからに美味しそう~~~
食べてビックリ!
ものすごく美味しかった018.gif
N様はとても気に入ったみたいで、今までのNo1汁麺のペナンのキンバリー通りの汁麺を
脅かすレベルだ・・・と言ってた。
これなら大盛りにすれば良かった・・・と二人で後悔した。
明日は大盛りで頼もう!

a0351038_09294553.jpg
こちらの店ね。
サイケーオビーチから港に向かって行くと左手にある。
ビーチから5分~7分くらいかな。
オトンが佐々木健介に似てて、一見強面だけど笑顔が可愛い。
朝はやってないみたいで昼から夜に営業してるっぽい。
あのアッサリスープ麺は朝に食べたかったなぁ。

[PR]

by panda_traveler2 | 2016-02-17 11:26 | 2015.12.9~バンコク、サメット島 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 15日

サメット島初日の夜宴は屋台風?レストランで!

059.gif旅行期間 2015.12.9~12.14

★2015.12.10(木)

さて、サメット島初日の夜宴・・・
上陸記念でチト奮発してビーチ沿いのレストランでも・・・とメニューを見るも瞬殺。
ビアチャン大瓶150Bって・・・酒飲みには何とも悲しいビーチ価格・゜・(ノД`)・゜・
せめて120Bだったら何とか。。。
しかしビーチ価格でもあるけど離島価格(運搬費)ってのもあるんだろうな。
貧乏トラベラーの酒飲みにとって離島はつらいよ。

ってな訳で、内陸に入れば少しビールは安くなる。
先ほど前を通った屋台風の店に入ってみました。
「らいらいらい~」と中国語で呼び込みしてる元気なオカンの屋台っす。

a0351038_10491844.jpg
ビアチャンで乾杯~( ^^)/▽▽\(^^ )
大瓶90Bなり
まぁ100Bを切ってるだけでありがたいと思わねば。

a0351038_10502695.jpg
美味しそうなポークリブがあったので注文。
薄味好きの私にはちょっと厳しめの濃い目の味付け。
でもビールが進む(笑)
味は悪くなかったのだが肉が少ない。
骨に微かにうっすら付いた肉を歯で剥ぎ取る?感じ。
でも写真には肉厚な部位も写ってるなぁ。
多分、肉厚の部分はN様に先に食われたのかもしれん。

a0351038_10520873.jpg
大好きなインゲンのソムタム!
タイの長インゲンは美味しい。
会社に旦那さんがタイ語の通訳をやってるって人が居るのだが、その人に頼んで「長インゲン」をタイ語で教えてもらったくらい。
ベタにカタカナで書くと「トゥアファッキーアウ」と言うのだが、私が言っても通じない(笑)

a0351038_10532824.jpg
イカ好きのN様が頼んだイカ炒め。
イカと○○の炒め・・・って感じでいくつか抱き合わせがあったのだが「egg」と書かれてたコレを注文。
てっきりイカとふわふわ卵の炒め、みたいのをイメージしてたけど違った。
東南アジアでよく見かける塩漬け?卵だった。
これ、しょっぱくて苦手・・・
イカはプリプリで美味しかったけど。
よく見たら「Solty Egg」と書かれてた気がする。

a0351038_10570558.jpg
ちょいと焼き網を撮影。
写ってる大きな海老は勿論我々が注文したわけではない。
豪快にシーフードを頼んでるのは餃子軍団。

a0351038_11013918.jpg
串に刺さったチキンなども売ってるので簡単にテイクアウト出来る。

a0351038_11064389.jpg
〆で頼んだカオパットタレー(海鮮炒飯)
う~~~~ん・・・味は今一歩!(~_~;)

a0351038_13194000.jpg
ビールは大瓶5本でオシマイ。
お会計はトータルで940Bでござんした。

この屋台、味はそこそこだけど元気なオカンと真面目にコツコツ働いてる青年がいい!
オープンエアだしビールは辛うじて100B切ってるし、いいと思うぞ。

この後は部屋で二次会したのは言うまでもない。
ただ部屋の椅子が木の重たいやつで、引きずるとギーギーうるさいのに
N様がお構いなしに引きずるのでホント困った。
何でそのへんの気遣いが出来ないのだろう・・・?
下の部屋の人に迷惑だろうな、と思うと思うのだが。
物とかも投げたりするし、がさつとゆ~か乱暴なところを少し何とかしてもらいたい。
心は乙女なのに・・・

夜は案の定、ベッドに入って速攻眠りにつくN様の豪快イビキが至近距離でなかなか寝付けず。。。

[PR]

by panda_traveler2 | 2016-02-15 06:39 | 2015.12.9~バンコク、サメット島 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 14日

今回のお宿は「Jirawan Hotel」サイケーオビーチ沿いだよ!

059.gif旅行期間 2015.12.9~12.14

★2015.12.10(木)

さて、今回のお宿はサイケーオビーチ沿いにある「Jirawan Hotel
色々と悩みました。
とにかくサメット島は宿が高い!
ちょっとマトモでビーチフロントだと軽やかに1泊10000円を超えてしまう。
今回はN様とゆ~お供が居るので宿代は折半だが、基本私は年に何度も旅をしてるので
いつ何時でも宿代は抑えたいところ。
最初はナダム港とサイケーオビーチの中間にある宿に泊まろうかと思ってた。
でも写真を見ても安いゲストハウス風なのに1泊8000円ほど。
二人でひと部屋で8000円だったら4000円くらいの安宿の二部屋の方がマシ?
とか色々と考えました。
二部屋だとシャワーも同時に浴びれるしね。
なんやかんやで悩んだ結果、4000円くらいの安宿なら一人で泊まれる・・・
せっかく二人だし一人で泊まれない値段でビーチフロントで探しました。
そこで見つけたのが今回のお宿だったって訳。
1泊8000円ほど。朝食付。
写真で見る限り古そう・・・(もはやそこは我慢しないと無理ーー)
でも部屋はそこそこ広そうだったので決めました。
立地は違えど、前日泊まったラヨーンのホテルが半額で美味しい朝食付でプールもあったのに。

ホテルまではビーチの砂浜を歩いて行ったのだが、如何せんパラソルが多くて宿を見つけるのに若干苦労した。
前はこんなにごちゃごちゃしてなかったと思うのだが。
宿はレストランを併設してて、、、
つか、レストランのついでに宿もやってるよ、って方がしっくりくる。
案内された部屋は日本で言うとこの3階にあった。
一番奥の部屋だった。

a0351038_10391584.jpg
a0351038_10452951.jpg
古いは古いけど綺麗に掃除されてて、そんでもって部屋が広い!
冷蔵庫も大きいし。
この大きな冷蔵庫って逆に古い宿にしか無い気がする。
一応「ツイン」なのだがベッドが密着してるのがチョット・・・
なんか嫌な予感がする(笑)

a0351038_10471888.jpg
水回りはこんな感じ。
ここはリノベしたのかな?
やたら綺麗だった。
嬉しかったのが写真ではちょうど写ってないのだが、トイレットペーパーがふんだんだった事。
よく空港とかのトイレにある大きなロールのやつね。
私、結構トイレによく行くのでこれは嬉しかった!
シャワーは排水に若干難有りだったが蓋をずらしたら問題無し。
アメニティはシャンプー、石鹸、ボディシャンプー、シャワーキャップと・・・
何と!歯ブラシがあった!
今までタイのホテルにはいくつか泊まったけど歯ブラシがあったのは初めて。
この宿はサイトの写真より実際の方が全然良いとゆ~珍しいパターンでしたね。
でも、窓はあるけどすぐ隣の建物の壁しか見えない。
天気もわからないくらいの接近っぷりなので無いよりマシ程度。
少しお金をプラスすれば廊下挟んで向かいのバルコニー付オーシャンビューの部屋に泊まれたのかな。
ちょっと調べたら3000円プラスくらいっぽい。
このレベルの宿で1泊10000円超えは考えるなぁ。
サメット島、宿が高い!(ーー;)

とりあえず部屋に荷物を置いて水着に着替えて軽くビーチに行ってみた。
宿には無料のビーチチェアがあるとの情報だったが無くてスタッフに聞いたら「フィニッシュ」と言われた。
ま、もう16時だし軽く1時間くらいなのでチェアは無くていっか。
しっかしビーチはとにかく人が多い。
うじゃうじゃ居る。
どう見ても餃子軍団である。
写真を撮りまくってるオバハン、ビーチでパンツ脱いで水着に履き替えようとしてるオッサン・・・
何が悲しくてタイの綺麗なビーチでオッサンの汚いケツを見なければならんのだ。

さて、サメット島上陸記念の宴に出かけますか!

[PR]

by panda_traveler2 | 2016-02-14 12:32 | 2015.12.9~バンコク、サメット島 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 10日

やっとたどり着いたタイの楽園サメット島!しかし・・・

059.gif旅行期間 2015.12.9~12.14

★2015.12.10(木)

13時45分にラヨーンのバスターミナルを出発したソンテウは30分後の14時15分にバンペー港に着いた。25B
あらかじめ乗る時に「サメット」か「バンペー」と言えば止めてくれるのは確実だが
多分バックパックかスーツケースを持って「いかにも」な感じだと自動で港で止めてくれると思う。
ちなみにサメット島のナダム港に行くローカル船が出てる港前の目印としてセブンイレブンがある。

a0351038_15293515.jpg
これがローカル船が出てるバンペー港。
水色のオッサンの奥に見える小屋でボートチケットを買う。
チケットを片道で買いたかったのだが往復でしか売ってくれんかった。100B
オープンチケットなので往復で買っても問題ないと思う。

a0351038_15333446.jpg
右手に写ってる船で行く・・・
と思ったらこれでは無かった(笑)
船に乗ろうとしたらスタッフに「待て」と言われ底が抜けそうなバタバタの小屋で待たされる。
これまた座ると壊れそうなベンチに座る。
N様が座ったらミシッ・・・と嫌な音を立てた。
小屋の下は海なのでここでベンチが壊れたら反動で床が抜けて海に落ちるだろう。
そんなこんなで写真の船は出発してしまった。
しばし待つと「行け!」と言われた。
我々が乗る船は船に付けて止めてある船だった。
つまり、ダブルパークと言えばいいのだろうか?
手前の船に乗って海上で横付けされてる隣の船に乗り移る方法だった。
これが思った以上にハードで、まずは手前の船の屋上に乗る。
その後にハシゴで降りて狭い隙間を通って隣の船に乗るのだ。
前はサメットに着いて降りる時がこんな感じだったな。
スーツケースで行くのは結構大変だと思うぞ。
ちなみに、我々はバックパックだったが缶ビールやフルーツ、野菜をてんこ盛りで持ってたので
それはそれで大変だった。
港に着いて45分後、15時に船は出航した。
前より待ち時間は短かったな。
多分だけど、昼以降に出航する船はすげー待たされる気がする。
タイミングにもよるけど。

a0351038_09442842.jpg
奥に見えるはサメット島。
目的地が見えてる船旅は酔いにくい気がする。

a0351038_09461653.jpg
船頭さん。
海のオヤジって感じだ。

約40分でサメット島到着。
降りる時は普通に楽で良かった。

a0351038_09484440.jpg
a0351038_09502209.jpg
いやはや、遂にサメット島に着きましたよ。
10ヶ月前の2月に初めて来て、海の綺麗さとビーチとローカル屋台のコラボ、
そして何より餃子とキムチがほぼ皆無の、やっと見つけたタイの楽園!
あまりの気に入りっぷりに年末年始もサメット島の宿を随分と前に押さえてたのだが
その前にどうしても来たかったサメット島。

船から降りて港から出ようとすると変な女が出口の柵を閉めやがった。
何しやがる!ヽ(`Д´)ノ
その柵を開けて出ようとしたら金を払えと言う。
何の金だよ!
確かサメット島で徴収される金(ローカル以外は200Bとゆ~ぼったくり価格)は
サイケーオビーチの入口で徴収されるはずだ。
何で払わないかん!と暴れてると壁に貼ってあるポスターを指さされた。
英語なので何を書いてるのかよー分からんかったが、要するに港使用料らしい。
窓口で20B払ってチケットを買い渡すと柵は開けられた。
ホント、いちいち金をもぎ取る方法を思いつくもんだわ。

ナダム港から今回のお宿があるサイケーオビーチまでは徒歩で。
ソンテウも待ち受けてるけど歩いても15分くらいだし。
そして何よりソンテウに乗りたくない事情があった。
それは、さっきもふれたツーリストが払う200Bを払いたくないとゆ~事情。
この島に来た人が全てちゃんと払ってるのなら払うよ、私も。
でも、その支払う事務所より手前の宿に泊まってると払わなくていいとゆ~いい加減なやつなのだ。
前回は事務所より手前の宿だったので払わずに済んだ。
つか、事務所に誰もおらんかったし。
でも今回のお宿は事務所の向こう。
その金を払わされる払わされないの判断は多分荷物。
大きな荷物を持ってると「ツーリスト、来たばかり」と判断されて払わさせられるっぽい。
ソンテウなんかで行くと一発でアウトなのだ。
我々も大きな荷物を持ってるがソンテウで来た大勢のツーリストに気を取られてるスキに
サササッと事務所を通過しよう!大作戦を決行しようとした。

港からサイケーオビーチまでの道を歩いてて何か以前と違う感じがした。
前に行ってたローカル屋台風レストランは規模が大きくなった?
似た感じの店が三店舗くらい並んでた。
メニューをチラ見したけどそんな安くない。
ん?
たった10ヶ月でビール大瓶が20Bも値上げするのか?
クラビの仙人おばちゃん屋台はここ数年60Bだぞ。
そして、その屋台前を通過した時に耳を疑うワードを聞いてしまった。
「ライライライライ!」
・・・らいらい?
これってタイ語じゃない気がする。
らい、、、らい、、、来!?
もしかして中国語!?
中国語で呼び込みしてるって事は、、、もしかして、もしかするのか?


後にこんな記事を発見してしまう。

上の記事にもある様に、もうサメット島は終わってました。
餃子まみれになってました。
あの楽園はたった10ヶ月で餃子の巣窟となってしまいました。
パタヤ、ラン島で留まってる間にサメット島を堪能しようとしたけど時既に遅し。
二度と行くことは無い島となってしまった。
この時に年末年始もサメット島で過ごす事にした事を大きく後悔した。

話を戻そう!
港から歩いてサイケーオビーチに向かいセブンイレブンを通り過ぎて鬼門の事務所が見えてきた。
ガッツリ職員が待ち構えとる。
基本はソンテウでやってきた白人狙いだろうと思い、サクッと門をくぐって通り抜けようとした。
が、アウトだった!
すぐに見つかって金を払えと言われる。
私はここで次の作戦を決行した。
私は喋らなければタイ人に見える・・・とゆ~特性を生かして黙ってローカル価格を払う作戦だ。
最初は騙されそうになったのだが、すぐにN様を見てローカルじゃないと判断されてしまった。
一人だったらイケてた気がする。
N様、化粧もしないしお洒落もしないくせに(乙女なのは気持ちだけ)美白にこだわってんだよなぁ。
ちなみに、現物は美白ではない。日焼けしてないだけね。
そんな訳で維持費だか管理費だか使用料だか分からん200B(一人)を払う羽目となった。
久々に悔しい嫌なお金を払ったわ。

鬼門を通り越えてサイケーオビーチに出るとビーチは以前とは明らかに違った。
とにかくパラソルが多い。
そこそこ大きなビーチなのにみっちりビーチチェアとパラソルがある
窮屈そうなパツパツなビーチになってた。
そこにひしめいてるのは餃子どもだったのは言うまでもない。
コイツらが押し寄せる様になったせいで増やしたのだろう。
気のせいだ、と思いたかったが無理だった。
着いて早々、この状況でどこまで楽しめるのか考える事になってしまった・・・

[PR]

by panda_traveler2 | 2016-02-10 12:53 | 2015.12.9~バンコク、サメット島 | Trackback | Comments(10)
2016年 02月 03日

ラヨーンは楽しかったよ~ん!スターホテルの大満足朝ごはん!

059.gif旅行期間 2015.12.9~12.14

★2015.12.10(木)

いやはや、ホテル選びってのは本当に悩みますよねぇ~
あれもこれも・・・と条件を色々付けると値段がビックリ!だったり。
私のホテル選びの条件は滞在エリアによってマチマチだけど、今回のラヨーンの場合は
「立地(バンペー港行きのソンテウ乗場徒歩圏内)、朝食」を重要ポイントとして探した。
今回泊まったスターホテル以外にも同じ条件で引っかかる宿はいくつかあった。
しかもスターホテルよりも安い。
しかし、それらはスクンビット通りを挟んで南にあった。
ソンテウ乗場はスクンビット通りより北にある。
今回のスターホテルもそうだ。
なんせラヨーンは初なので土地勘は無かったが「スクンビット通り」ってのは恐らく大きい通りだと思った。
タイの大通りって渡るのって結構至難の技なんだよねぇ。
車、結構飛ばすしさ。
横断歩道とか恐らくないだろうな、あっても渡るのこぇーな、N様のそのそ歩くからな、と思った。
そんな訳でスターホテルとなったのだが、これは大正解だったと実感した。

と、大絶賛した大きな理由が今から紹介する朝食!
これが、まぁ~大満足な朝食だったのだ。

a0351038_14072908.jpg
いきなり汁麺登場!
朝食会場に行くと結構種類があって、物色がてらウロウロしてたら汁麺コーナー発見!
この手のものは卵料理同様、作ってもらうので多少時間が掛かる。
たまたま待ち人が居なかったため、つい注文してしまった。
後に、最初に汁麺を食うといきなり腹が膨れて失敗だった・・・と反省したのだが。
この汁麺、私の大好きなアッサリクリアスープ。
麺は写真のセンヤイ、センレック、センミーから選べる。(バミーは見当たらなかったなぁ)
具はルークチン(つみれ)、鶏肉、空芯菜、もやし。
量は普通に一人前くらいある。決して小ぶりではなかった。
これ、美味しかったなぁ~

a0351038_14382923.jpg
汁麺でお腹が膨れたが、あれは「前菜」と捉え本領発揮しだす(笑)
オムレツ、野菜炒め煮、ポテサラ、カボチャの香草和え、イカ炒め煮、レッドカレー、肉団子入りあっさりスープ
どれも美味しくて美味しくて、ついこんなに・・・037.gif
ポテサラが美味しかったなぁ。
あ!スープも美味しかった。
レッドカレーも美味しかったなぁ。
って、全部やん!(笑)
写真だと結構な量に見えると思うけど実際は平皿のサイズがヤマザキパン祭りくらいのサイズなんで
見た目ほどの量じゃないのよーーーー
お椀も子供茶碗サイズよ!
と、言い訳しとかなきゃ次からの写真が出しづれぇ。

a0351038_14393707.jpg
何故かお代わりはオサレなカフェ飯風(笑)
グリーンのスープはブロッコリーのポタージュっす。
これも美味しかったなぁ。

a0351038_14405263.jpg
お粥も食べなきゃ!と海老お粥と鶏お粥も。
炒めた麺は大好きなパッシーイウなのだが、これはイマイチだったなぁ・・・

上の4枚の写真は4日分じゃなくて1日分なのでお間違えない様・・・

いやぁ~大、大、大満足な朝食でござんした。
おかずが無くなるとすぐに補充されるのもポイント高し!
たまにおかずの種類が変わったりするのでスタッフが運んでくる度にチェックに行ってた(笑)
温かい豆乳もありましたよ。

そういえば、ここのおかずは対面で取れる様になってたのもポイント高いな。
分かるかなぁ?
大体のところって片側からしか取れなかったりするでしょ。
誰かが取ってたら隣に並んで待たなきゃなんないけど、ここはおかず挟んで向かい合わせで取れる。
しかも、お皿を仮置き出来るスペースも十分にあるし。
欲張ってふた皿くらい持つと片方の皿を置くポジが無くて困ることあるよね。
面倒だけど一回自分のテーブルまで戻って置いてからまた行って・・・みたいな。
細かいことだけどあの煩わしさがない。

しっかし・・・私も相当食ったけどN様は私の1.5倍くらい食ってた気がするな。
N様、まず最初の一回で結構たんまり取ってきて次にフルーツとか食うので
「一回で満足?まさか??」と思うのだが、結局はそれが3~4回リピートされる。
私はフルーツとヨーグルトとコーヒーは最後なのだがN様は途中で何度か挟むので
終わりが見えない。
ちなみに、こん時も朝食レストランに7時半からラストの10時まで2時間以上居たわ(笑)

さて、ガッツリ朝食を食べた後はマーケットにお買い物へ。
ホテルの隣には大きなマーケットがある。
昨晩20時くらいに着いた時もやってたので結構遅くまでやってるみたい。

a0351038_14423967.jpg
これはホテルの向かいにあるマッサージ屋さんたち。
3~4件くらいあったな。
足マ1時間200Bがアベレージ。

a0351038_15030510.jpg
こちらが昨晩の宴会場だったシーフードレストラン。
昨晩も遅くまでやってたけど朝(もう10時だけど(笑))もやってるとは驚き!

a0351038_14502237.jpg
こちらがマーケット。
新しくて綺麗だね。

a0351038_14533937.jpg
中に入っても新しいのがよく分かる。

a0351038_14575030.jpg
色々売ってたよ。
豚の顔があるの分かるかな?

a0351038_15013026.jpg
マーケットの中央付近には飲食エリアもあるっすよ。

このマーケットでは昨晩食べたウェルカムフルーツのりんごとみかんを購入。
まさかまさかの美味しかったので。
でもタイのみかんは種が入ってるのが多くて食べにくい。でもウマい。
後は、ロンガンやミニトマト、キュウリなどを購入。

ホテルに戻る前にセブンでビール購入。
チャーンの330ml缶を12本だか16本だか買った。
あと昨晩部屋の冷蔵庫から拝借したビアシンも1本ね(返却用)
ちなみに、これから行くサメット島の港とサイケーオエリアにもセブンはあるのだが
概ね2割増しなので、出来れば本土で買って持って行くと少しお得だ。
セブンでビアチャンの4本パックは本土だと135Bだがサメット島では162B
27Bも高いのだ。
1本辺り7B(約25円)も高いのだ!

大満足だったスターホテルを12時にチェックアウトし、島だと高いだろうとホテル前で足マ1時間。200B也

マッサージ屋でどこから来たのか聞かれたので「イープン」と言うと爆笑だった。
イープンと言うとウケるんだ。
バスターミナルの大体の場所は分かってたが念の為にこのマッサージ屋で聞いてみた。
軒並み誰も英語が話せなくて難儀した。
しまいには「200Bでサメットまで連れてってあげる」みたいな怪しい誘いを受けるが丁重に断る。
サメットまで・・・ってサメット行きの船が出てるバンペー港だろーが。
それに200Bも払うバカはおらんでよ。

テクテク歩いてバスターミナルに向かう。

a0351038_15225883.jpg
この辺りは乾物屋が多くしらすも干されてた。
白飯に乗っけてかきこみたい気分になった。
辛味大根でしらすおろしもウマいよね。

とバスターミナルには数分で着いた。
思ったより近かった。

a0351038_15245646.jpg
こんな感じでロットゥがたくさん停てるので分かりやすい。
その辺に居たオッサンに「コ サメット」と言うと指差しで教えてくれた。
一番奥の方がサメット行きのソンテウ乗場だった。

a0351038_15265319.jpg
このブルーのボディのソンテウがラヨーン市街とバンペーを結んでる。
ちなみに、バンペーを超えてクレンの方まで行くっぽい。
バンペーまでは25B
運転手に聞いたらぼらずに正規の値段を教えてくれた。

a0351038_15282930.jpg
時刻表。概ね15分おきに出てる。

しっかし、たった一晩しか泊まらなかったけどラヨーンは良かったなぁ。
今度はラヨーンだけに滞在してみるのもいいかもしれない。
それくらい気に入った。
その時は勿論スターホテルに泊まって朝ご飯をたんまり食べなきゃ。
最後に簡単に地図を貼っておくね!

a0351038_15405891.png

[PR]

by panda_traveler2 | 2016-02-03 17:09 | 2015.12.9~バンコク、サメット島 | Trackback | Comments(6)
2016年 02月 01日

ラヨーンでナイトマーケット後シーフードレストラン!

059.gif旅行期間 2015.12.9~12.14

★2015.12.9(水)

さてさて、無事にラヨーンにも着いたし飲みに行くぜっ!!
今回のお宿スターホテルの周りはとにかく便利っす。
ホテルを出てすぐフードコート(一角にシーフードレストラン)、コンビニ、マッサージなど。
フードコートの向こうにはナイトマーケット。
(毎日開催されてるらしい)
時間も時間なので目の前のシーフードレストランでもいっか~と思ったが
チョイとナイトマーケットを覗き見したくなってしまった。
あの夢のワールドに入るとなかなか抜け出せないと分かっていたのに…

a0351038_10291014.jpg
も~楽しいったらありゃしない!
可愛いお饅頭も売ってましたよ。
シーフードを売ってる屋台もたくさんありましたね。

a0351038_10272233.jpg
も~あれもこれも食べたい、食べたい!
でも初日なので豪快にシーフードレストランがいいなぁ~と思い
ここではカリカリポークのっけカオニャオと穴あき卵を購入したのみ。

で、ホテルの周辺をウロウロしたけどめぼしい店は最初に見つけたホテル目の前のシーフードレストランくらい。
そこで宴を開催する事にしました。

a0351038_14155665.jpg
N様が見切れとる…
写ってるピンクの巾着はN様が100均で買った手提げ袋を手縫いで改造したものらしい。
N様、まさかの裁縫をする!(笑)
この店は結構ローカルで賑わってた。
オープンエアな造りでフードコート?屋台の集合体?シンガポールのホーカーみたい感じ?の一角。
奥に見えるは今回のお宿のスターホテルのプラザウィング棟。

a0351038_14172245.jpg
N様、VネックのTシャツを着てるからなのか?
肉眼で見るより痩せて見える…
お店にはこんな感じでガラスケースがある。
奥には氷の上に陳列されたシーフードがあって指差し注文も出来るぞ。

a0351038_14204605.jpg
まずはビールですな。
氷とセットで100B取られた。
ビールは別の店からの調達となるので(注文は店の人にしてOK)都度支払う。
確かビールは75Bと言ってたので氷と合わせても85Bか90Bくらい。
100B札を渡すとオバハンが「チップ チップ」と言って釣りを返さなかった。
田舎にはまだこんなぼったくりみたい事をするババァが居るんだ…
後に頼んだビールも80B渡して釣りの5Bを「チップ チップ」と言って返さず。
ま、そのくらいは可愛いもんか。
ちなみに、一番最後に頼んだビールはババァが帰った後だったので正規の75Bだった。
つか、チャーンの氷入れ(ゴミ箱にも見えるが。笑)ほすぃ~(*´ω`*)

a0351038_14370139.jpg
ツマミは空芯菜炒め。50B

a0351038_14384579.jpg
プラームックパッポンカリー(イカのカレー炒め)150B

a0351038_14395793.jpg
貝の炒め物。150B

a0351038_15174147.jpg
箸休め的な空芯菜炒めが一番辛かったとゆ~(^^;)
全体的なお味はごくごく普通でしたね。
特に美味しいわけでもなく、でもまずくはない。
イカは柔らかくて美味しかったね。
ビールは大瓶4本飲みました。

帰りに隣のセブンでビールを買って帰り部屋で二次会をするつもりだったのだが…
なんと!12時を少し過ぎてて買えなかった!(>_<)
タイのビール買える時間制限、はよ無くなってほしい。

で、結局は部屋の冷蔵庫に入ってた缶ビールで二次会。
幸いにも、このホテルの冷蔵庫の飲み物には目印(シールとか)が無い。
明日コンビニでビールを買って戻しておけばいっか~で余裕。

a0351038_14412160.jpg
〆にはナイトマーケットで買ったカリカリポークのっけカオニャオ。25B
これが小ぶりなくせにボリュームあって激ウマー

[PR]

by panda_traveler2 | 2016-02-01 07:05 | 2015.12.9~バンコク、サメット島 | Trackback | Comments(4)