酒飲みパンダの貧乏旅行記 第二章

wisata2.exblog.jp
ブログトップ

2017年 07月 04日 ( 1 )


2017年 07月 04日

ホーチミンでぼったくりマイリンタクシーに遭遇&とあるビアホイで最後の宴

059.gif旅行期間 2017.4.16~2017.4.19

★2017.4.19(水)

13時に地ビールレストラン「Louisiane Brewhouse」を出てタクシーでホテルに戻る。
既ににお迎えの女性が待ってました。
でもドライバーがまだ・・・との事でチト待たされる。
そして時間通り13時15分にホテル出発。
14時にカムラン空港に着きました。
15時発の便だったので変に時間のムダもないスケジュールで良かった。

a0351038_22400226.jpg
a0351038_22414448.jpg
a0351038_22430725.jpg
帰りはホーチミン経由。

a0351038_22453805.jpg
15時10分に出発して1時間後の16時10分に着きました。
まずは両替。
でも国内線側の両替って1件くらいしかない上に16時でCLOSE
ありえない・・・
仕方ないので国際線側まで歩いて行った。
ったく・・・ヽ(`Д´)ノ

さて、帰りのフライトまで時間もあるので市街に出て飲む事に。
空港で荷物を預ける事も考えたけど預けに行く、引取りに行く・・・での時間ロスや
預け料金が結構高かった事もあって
荷物そのまま持って、その分タクシーを使う事にしました。
空港で優良タクシーのマイリンを捕まえようと思ったんだけど居なくて・・・
VINASANってタクシーに乗りました。
(後にこのタクシー会社も優良と知った)
ちゃんとメーター使ってくれましたよ。
運ちゃんも優しい感じの人だったし。

a0351038_22475949.jpg
車窓から一枚。
ホント、バイクが多い。

最後の晩餐はホーチミンにあるビュッフェレストラン「Thanh Nien(タンニエン)」に行くつもりだった。
運ちゃんに地図を見せると「おっしゃ!分かったよ!」って感じ。
何故にビュッフェ?なのかだが、私はベトナム料理をあまり知らないので
ビュッフェだと目で見て分かるし色々と食べられるかな、と思って。
暫くするとお目当てのお店に到着。
タクシー代は早回しのカラクリのないメーターで157000D(約800円)
さて、お店に入りますよ~
って・・・
なんかビュッフェ感があまり感じないけど・・・
出てきたスタッフに尋ねると「ビュッフェはやってない」との事。

ガーーーーーーン!!( ̄▽ ̄;)!!

マジでかーーー!!
こんな事がないように下調べをガッツリやったつもりだったのに・・・
仕方ないので近場で適当な店を探そう。
もうビアホイくらいそこらへんにあるだろ!って感じで店を後にした。

が!
ビアホイどころか・・・何も無いの。
進んだ方向が間違ってたんだと思う。
帰りの事を考えて空港側に向かったんだよね。
とりあえず何とか見つけた鉄板焼きの店はやたら高くてパス。
重い荷物しょって泣きたい気分。
途中、タクシーから見かけた日本語学校みたいなトコがあって
そこに居た子達に「ジャパニーズOK?」と聞くも皆な顔を横に振る。
日本語を学んどんじゃないんかーい!
そしてもはや何の確証もないのに「あっちに何かある気がする」とか行ってやみくもに歩き出す。
でも、何も無い。
本気で泣きたい気分になった。
ウロウロする事1時間ばかし・・・
もはやこのまま歩いて空港に戻ってしまうのでは!?状態。
ここはタクシー捕まえて「近くのビアホイ連れてって」とお願いする事にしよう!
で、タクシー探す作戦。
マイリン、マイリン・・・
そこで、明らかに車の中で寝てサボってたマイリンを見つける。
「メーター使うか?」で一応頷いた。
「ビアホイ ニア ヒアー」で言いたい事は伝わった。
早速乗り込みをしようとしたが運ちゃんが手をパーにして何やら言ってくる。
「50000D払え」って意味らしい。
ここで「メーターじゃなきゃ行かない」「50000Dで行ったる」のやりとりが始まる。
もうこんなカス運転手はいいや!と別のタクシーを探そうとしたら
「分かった、分かった。メーターね」と言ってきた。
しかし乗り込んでからもメーターを使う感じがしないので「メーター!メーター!」と連呼。
何とかメーターは使った。
でも、嫌な予感しかしなかった。
で、数分走ってビアホイらしき所に到着。
さて、支払い・・・と思った瞬間にカス運転手がメーターを消した。
・・・やりやがったな。
で、タクシーから降りるなり「50000D払え」
やっぱりね。
「はぁ?何言ってんの?」
で私も絶対に払わない。
確か・・・メーターは「17」だったはず。(17000D)
面倒くさいので20000D払って追い返そうとしたら「50000D払え」としつこい。
「あったまきた!このぼったくり野郎!」
私はこう叫んでおもむろにカメラを取り出してタクシーのナンバーを撮ろうとした。
慌ててナンバーを隠そうとするクソ運転手。
「おい!ふざけんな!このぼったくり!」
私も完全に頭が来てるので写真を撮ってやる気満々!
一触即発な雰囲気になった。
でも、まぁ~客で賑わってるビアホイの目の前なので私も強気だった。
「分かった!分かったから。20000Dでいいから」と言い出すクソ運転手。
いや、20000Dでも多めだから!
(こんな事がなければ普通にチップ含んで払う金額だが)
我々が席に着くまでずーっとナンバーを隠し通したクソ運転手。
マイリンタクシー・・・
優良って言うけどクソも居るよ。
ちなみに、偽マイリンとか居るらしいけど我々が乗ったのは本物だと思う。
バリ島でも優良タクシーのブルーバードの偽物が一杯居て
本当に行灯の鳥の顔の向きが右か左か?くらい微妙なやつとか一杯見てきてるので
ここにきて偽物に乗ったとは考えにくい。
ま、でも言い切れないので偽物に乗ったのかもしれんが本物そっくりであるのは確か。
これがツイてない事件簿其の参でござる。
そういえば、このクソ運転手。
途中でバイクに思いっきり車を擦られてたな。
特に擦ってもバイクの方は知らん顔。
(ベトナムの車社会ってそんなもんなのか?)
運ちゃん、ブチ切れてたけど車を降りてまで・・・はせず。
信号が青になった途端にそのバイクに近づいて威嚇した程度。
ま、今思えば擦られてざまぁ~だけど。

ま、気を取り直して・・・
よく分からんビアホイで最後の宴としますか。
ビアガールが来て
「今日はサンミゲルビールのドラフトがいつもは30000Dのところ20000Dよ!」
との事だったのでサンミゲルの生を。

a0351038_22511185.jpg
( ^^)/▽▽\(^^ )
つか、ここどこだよ・・・

a0351038_23210681.jpg
適当に三品注文。
左から揚げ春巻き。125000D(約630円)
真ん中炒飯。130000D(約650円)
左は焼きそば。135000D(約680円)
多分お値段こんな感じ。
決して安くない。
味は普通。
焼きそばの牛肉はうまかった。
麺はのびまくってたけど。

ベトナムって・・・こんな物価が高かったっけ??
ビールは安いけど食べ物ってこんな?
普通の庶民が集うレストランだったんだけど。(ビアおねぇちゃんは結構居たけど)
三年前にベトナムに来た時はビールはとにかく安い!
でも食事は思ったほど安くなかった記憶はある。
でも、高っか・・・っていうんじゃなくて、炒飯150円くらいと思ったら300円・・・って感じ。
やっぱツーリストは別メニューがあるのかな?
だとしたら結構お高め設定だよね。
この店だって普通に日本並な値段設定だし(ビール以外)
つか、今時は日本でも200円くらいでジョッキの生ビールが飲めたりするよね。

a0351038_23223842.jpg
これレシート。
ビール20000Dって言ってたのに25000Dじゃねーかよ!
10%のTAX取られてる?
最後の最後まで何やらお高くつきましたわ。

21時半にビアホイを後にしてすぐにマイリンタクシーを捕まえる。
「メーター!」って言ったら快く頷いてくれた。
この運ちゃんは大丈夫だったな。
空港までは142000D
行きとほぼ同じだけど少し安かったのは渋滞が無かったからかな。

a0351038_23240766.jpg
食べ残しをおみやしたので空港で食べますた。

a0351038_23252637.jpg
さて、日本に帰りますか。

a0351038_23265932.jpg
朝出た機内食。
これも低塩ミールっす。

a0351038_23283521.jpg
連れの普通の機内食。

ってな訳で、ベトナムのニャチャン旅行記はオシマイ!
次回はタイのバンコクとランタ島と帰りにチョイ寄りクラビっす!

[PR]

by panda_traveler2 | 2017-07-04 05:16 | 2017.4.16~ニャチャン | Trackback | Comments(8)