酒飲みパンダの貧乏旅行記 第二章

wisata2.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 16日

バンコク滞在3日目~夜宴はルンピニ公園のイサーン料理屋台で!

059.gif旅行期間 2016.2.21~2016.2.24

★2016.2.23(火)

さて、バンコク滞在3日目の夜宴。
この日も掲示板で知り合った方との食事です。
マレーシア在住の女性で、宿泊エリアはルンピニとの事。
ってな訳で、この日は久々にルンピニの屋台に行く事にしました。

18時過ぎにホテルを出て、昨日と同じバス停から昨日と同じ「15番」バスの乗りました。
30分チョイでルンピニ公園近くに着きました。
待ち合わせ場所に居た今回の食事のお相手Nさんと無事に会えました。
と~っても可愛い方でした。
おしとやかな感じの見た目で、あまり飲めない方かな?と思いましたが「飲みますよ!」の一言でホッ(´∀`)

向かうはルンピニ公園内にあるイサーン屋台。
コチラの記事で紹介してるローカルにも人気の屋台の様です。
いくつか屋台がありましたが記事にも出てる「緑のテーブルクロス」の屋台に決定!

頼んだものはチムチュム(タイの鍋料理)、ソムタム、コームーヤーン。
一人チムチュムもやった事あるけど、やっぱ鍋は少なくとも二人でいきたいよねぇ。

a0351038_13000227.jpg
とりあえずビールで乾杯です!ビアチャン大瓶80B

すんません・・・
ここから写真は暗い所で撮ったものばかりで、見やすく加工してるので全体的に白っぽいかもです(´ω`)

a0351038_12582582.jpg
鍋の野菜。
白菜、空芯菜、えのき、バジル(?)、春雨(袋ごとっす。笑)

a0351038_13014482.jpg
チムチュムは肉とシーフードと選べます。
今回はシーフードで。
何故なら肉はコームーヤーンがあるのでね。
イカと海老に生卵がのっかってます。
この生卵は初めてチムチュムを食べた時に使いどころが分からんかったのですが
具材と一緒に鍋に入れて煮るのが基本の様です。
チムチュムは200B
確か肉もシーフードも同じだった気がします。

a0351038_13025056.jpg
鍋が運ばれてきました。
お店のおにぃさん、めっちゃ愛想がいいです。
私の下手くそ発音のタイ語注文を笑顔でバッチリ聞き取ってくれました!

a0351038_13041758.jpg
コームーヤーン。80B
これはマジで美味しかった!
絶対にまた食べに行く!と決意した。笑
しかも、80Bでこのボリューム!
いつも行ってるランナム通りのイサーンロムエンと同じ値段だけど量が倍以上!
このコームーヤーンは今までタイで食べたベスト1かもしれん。
ま、食べる回数は多いけど食べてる店は少ないので他にも美味しいのが沢山あると思うけど。笑
でも、ここに来たら絶対に頼むべしレベルっす!

a0351038_13061084.jpg
ソムタム(40B)もボリューミー!
ちゃんと私の大好きなインゲンが入ってる。
「タマダー」で注文したので辛さもちょうどいい!(でもチト辛め)
しかし・・・
いつもソムタムの辛さを聞かれると「タマダー」と答えるのだが、これは正解なんだろうか?
通じてるから間違ってはいないのかもしれんが。
翻訳本とか見ても「辛くして」「辛くしないで」は出てるけど「普通の辛さ」ってのは出てない。
「普通」っていうのも人それぞれなので明確ではないと思うが。
「唐辛子3本」とかって言い方が普通なのかなぁ?

他にも何か注文したかったんだけど、やっぱ鍋ってお腹が膨れる。
私がほぼほぼ食べないのでNさんが殆ど食べてて「もうお腹一杯」って言ってた。

さて、今回の食事相手のNさん。
マレーシア在住との事で、ちょっとマレーシア語を教えてもらおうと思ったんだけど
まさかの「全然喋れない」の衝撃告白が!(°д°)
旦那さんの仕事の関係で住んでるみたいで、マレーシア語は全く話せないんだと。
むしろ、私の方が少しマレー語を教えてあげる事に(~_~;)
見た目に反して結構お酒は飲める様で、この時も二人でビール大瓶4本空けました。
マレーシアはアルコールが高くて大変じゃないか?と聞いたけど、やっぱり闇ルート?みたいのがあるみたい。
ビール大瓶200円くらいで買ってるそうです。
そういえば、Nさんから酒飲み女性には嬉しい情報を頂きました。
KLにある「スカイバー」って所が水曜にレディースデーを開催してて、女性だったらアルコールがタダ!との事。
ちょっと調べてみたら時間制限があったりアルコールの種類が限られてる様ですが。
でも検索したらKLでは水曜にをレディスデーとしてお酒がお得になる店が結構あるみたいですね。
もしかしてペナンにも同じシステムのバーとかあるのかな?
でも私は休みの関係上、水曜に帰る事が多いのであっても行けないなー(´д`)

ってな感じで3日目の宴終了。
Nさん、とても可愛くて楽しい方だったので11時半頃まで盛り上がってしまいました。
でも、大丈夫!
私には24時間運行バスがあるから!笑
この日も昨日とほぼ同様にルンピニ公園前から「77番」バスに乗り
イセタンで「2番」バスに乗り換えてカオサンに戻ってきました。
メモによると23時40分に77番バスに乗ってカオサンには0時に着いてる。
深夜だから20分で着いたのかしら?こんな早い??
この日、ホテルの屋上プールがライトアップされてるだろうと思って慌てて行ってみたが
0時過ぎてたので扉には鍵が掛かっておりプールを見る事が出来なかった・・・
ちなみに、プールは0時まで利用可ですよ。

[PR]

by panda_traveler2 | 2016-05-16 06:59 | 2016.2.21~バンコク | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://wisata2.exblog.jp/tb/22811106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yasumi910 at 2016-05-16 20:12
初めまして!
パンダさんのブログ最初からほぼ読ませて頂いてますが、コメントは初めてです!

ソムタムの辛さの基準、分かりませんよね~。
私はタイでは「ペッ ニッノイ」か「マイ ペッ」で頼んでも、唐辛子入ってて、丁度良かったですが、、
最初の頃は「ソムタム」てオーダーだけで、飛び上がるほどの辛さでした……。

ちなみに大阪のタイ料理屋さんでタイ人の店員さんに「ペッ ニッノイ」て頼むと、「こいつタイ語出来る=タイの辛さ知ってる=ニッノイてことはローカルよりちょっと甘めで良いだろう」て認識だったらしく、きゃっ!!という辛さでした……。
Commented by panda_traveler2 at 2016-05-18 08:35
■yasumi910さん
初めまして&訪問、コメントありがとうございます!(^O^)

「ペッ ニッノイ」って言い方もあるのですね。
勉強になりました。
早速次回使ってみます!
辛いものがそこそこ得意でもタイの辛さはそんな生半可な感じでは太刀打ち出来ないですよね。
前に掲示板で知り合った方と食事した時にソムタムを頼んだのですが
「私、全然辛いの平気だし~ローカル並みの辛さでもイケるから~」と豪語され
『コイツ、絶対にタイの本気の辛さを分かってない』と思いましたが、言われるまま「ペッ」で注文。
ヒーヒー言いながら「これはちょっと辛すぎて無理ー」とか言って殆ど食わず。
ったく・・・

日本のタイ料理屋さんでもつい店員さんがタイ人だとタイ語で言っちゃう事ありますよね。
私、昔は全く通じなかった「ビアチャーン」の発音を褒められました。
今ではローカルとほぼ同じ発音が出来てるみたいです。
タイで一番よく使う単語なので嬉しかった。笑

yasumiさんもよくタイに行かれるのですか?
何か使えるタイ語をご存知だったらまた教えて下さいm(_ _)m
Commented by ポチ朗 at 2016-05-18 22:50 x
>Pandaさん、Yasumin910さん
横から失礼しますm(_ _)m
タイでも南洋でも
タイ人や現地華僑/印僑基準の手加減なしレベルで
唐辛子突っ込まれると往生しますね(-_-;

ワタシは辛い物好きな方なんですが
至って臆病なので
台北やシンガで四川料理屋に行って麻辣火鍋を頼む
度胸がありませんでした(笑)
Commented by panda_traveler2 at 2016-05-24 13:55
■ポチ朗さん
辛いの美味しいけど唇が痛い!
ツーリストだと分かって手加減してくれても辛い!(笑)
火鍋は半分赤い、半分白いにすればいいかも。


<< バンコク滞在最終日~下町ローカ...      三日目の朝ごはんと昼ご飯~カオ... >>